注意ポイント

評価は韓国のWATCHA PEDIA

※全韓ドラではありません、本ブログの投稿一覧。

評価・最高視聴率<クリック>

評価・視聴率の説明

結論から言えば「評価=作品性。視聴率=はやり」

評価が高いドラマがおすすめです。最高視聴率20%以上は韓国で流行ったドラマです。

評価

①:ゴミドラ
②:期待以下 (注目はされた)
③:時間つぶしでいい
④:面白い
⑤:記憶に残る人生作に入る
⑥:好評が7~8割
⑦:神作

①②マクチャンドラマ(昼ドア)の週末・連続ドラマがほぼに入る、③以上はなかなかうまく作れた作品。

②は人気俳優が入っている可能性が高い(大きく失望)、またはフェミニストからの評価テラーが入っている。(逆にフェミニスト向けは無駄に高い作品もあり)

③~⑤は普通に楽しめる作品です。

⑥は大流行りの神恋愛ドラマが多い。

作品性満点作品だっと思えばよい。恋愛はない。

視聴率

過去2015年までは、SBS・KBS・MBC(地上三社)ドラマの視聴率が高かったです。

2012年、tvN『応答せよ1997』が、平均視聴率:7.6%、最高視聴率:9.5%で大ヒット(シンドロームレベル)当時、ケーブルテレビが5%超えてもやばヒットだった時代です。

2010年後半からはケーブルのドラマがもっと人気になりまして、2017年頃からは差減りました。(昼ドラには勝てない)

その意味で『太陽を抱く月』(2017)は本当にすごかった作品、「平均:30.2% 、最高:42.3%」

意味ある(地上三社)

  • 平均視聴率:10%以上、最高視聴率:15%以上。中々成功
  • 平均視聴率:20%以上、ヒット
  • 最高視聴率:30%~(シンドローム)
  • 人気作品の同時間帯で被害を受けた良いドラマが多い。

意味ある(ケーブル)

  • 平均視聴率:2%以上、最高視聴率:5%以上。中々成功
  • 平均視聴率:7%以上、ヒット
  • 平均視聴率:15%以上、シンドローム ※歴代ケーブル1位『夫婦の世界』(2020)、「平均:18.83%、最高:28.37%」
  • ケーブルでも非常に低い(~2%)は評価の参考。

意味ない

  • 昼ドラの視聴率。
  • 過去、時代劇の視聴率(昼ドラと共に売れるカードです。今は売れない)
シークレット・ガーデン
2010年
『シークレット・ガーデン』
評価:3.9
最高視聴率:35.2%
ダルレになったチャン・グク:12年ぶりの再会
2014年
『ダルレになったチャン・グク:12年ぶりの再会』
評価:3.0
最高視聴率:7.7%
恋愛の発見
2014年
『恋愛の発見』
評価:4.2
最高視聴率:7.7%
上流社会
2015年
『上流社会』
評価:3.0
最高視聴率:10.1%
六龍が飛ぶ
2015年
『六龍が飛ぶ』
評価:4.0
最高視聴率:17.3%
華麗なる遺産
2009年
『華麗なる遺産』
評価:3.5
最高視聴率:47.1%
キング-~Two-Hearts
2012年
『キング ~Two Hearts』
評価:3.5
最高視聴率:16.5%
ボスを守れ
2011年
『ボスを守れ』
評価:3.4
最高視聴率:17.8%
ドクター異邦人
2014年
『ドクター異邦人』
評価:3.3
最高視聴率:14.2%
屋根部屋のプリンス
2012年
『屋根部屋のプリンス』
評価:3.6
最高視聴率:15.1%
一枝梅~イルジメ
2008年
『一枝梅~イルジメ』
評価:3.8
最高視聴率:31.0%
夜を歩く士<ソンビ>
2015年
『夜を歩く士<ソンビ>』
評価:3.4
最高視聴率:8.5%
2005年
『私の名前はキム・サムスン』
評価:4.1
最高視聴率:49.1%
夜警日誌 サムネイル
2014年
『夜警日誌』
評価:2.8
最高視聴率:13.3%
ホジュン~伝説の心医~
2013年
『ホジュン~伝説の心医~』
評価:3.3
最高視聴率:12.40%

 

© 2020 韓ドラコイ