俳優

『コ・アラ』(Ara)プロフィール

プロフィール
名前 コ・アラ(Go Ara)
生年月日 1990年 2月11日
出身 大韓民国 慶尙南道 晉州市
身長 169㎝ 46㎏
血液型 A型
学歴 中央大学校
事務所 Artist COMPANY
SNS instagram

コ・アラ 概要

大韓民国の女優。

『コ・アラ』作品リスト

コ・アラ の出演作品を紹介します。

『コ・アラ』出演ドラマリスト

2003年・・・シャープ

2005年・・・シャープ2

2006年・・・雪の花

2008年・・・どなたですか?

2009年・・・華麗なるスパイ (日本テレビ)

2009年・・・No Limit~地面にヘディング~

2013年・・・応答せよ1994

2014年・・・君たちは包囲された

2015年・・・プロデューサー(特別出演)、恋のスケッチ~応答せよ1988~

2016年・・・花郎

2017年・・・ブラック~恋する死神~

2018年・・・ハンムラビ法廷~初恋はツンデレ判事!?~

2019年・・・ヘチ 王座への道

2020年・・・賢い医師生活、ドドソソララソ

『コ・アラ』出演映画のリスト

2007年・・・蒼き狼 〜地果て海尽きるまで〜

2009年・・・昴 -スバル-

2012年・・・ペースメーカー、パパ

2015年・・・朝鮮魔術師

2016年・・・探偵ホン・ギルドン

コ・アラ デビュー

2003年、第5回SM青少年ベスト選抜大会で「大賞」を受賞し芸能界入りした。

同年、1000:1という熾烈な競争率を勝ち抜いてドラマ「シャープ」の主演に抜擢。正式に女優としてデビューした。 当時、コ・アラが演じたキャラクターは人気を博し愛されてきた。さらにこのドラマは大人気であり2005年にはシーズン2まで制作された。

コ・アラ 演技活動

2006年にはドラマ「雪の花」で初の正劇ドラマに挑戦。卓越した演技で第43回百想芸術大賞でテレビ部門新人演技賞を受賞した。 その後、子役から成人演技者として成長し、様々な作品活動を行ってきた。

コアラ2

2013年のドラマ「応答せよ1994」に出演し、第2の全盛期を迎えることになる。 この作品で演じたソン・ナジョンという役割を通じて女優コ・アラを再び大衆に印象付けるきっかけとなり、演技力を認められると同時に女優としての地位を固めるきっかけとなった。特に作中での家族シーン、恋人とのシーンまで他の俳優ともよく調和していたと好評だった。また役作りのためにメイクアップを最小限に抑え、7kg増量したとのこと。キャラクターの親しみを感じられるようになったと評価された。

コアラ3

2018年にはドラマ「ハンムラビ法廷」でパク・チャオルム役を演じた。「強い者に強く、弱い者には弱い裁判所」を夢見るしっかりとした初任判事役を見事に演じきった。

コアラ4

コ・アラ 余談

体が弱い方だという。 ある映画の撮影時、激しい振り付けをしていたところ太ももの筋肉が破裂。他の撮影現場でもアキレス腱を損傷して手術を受けたことがある。 その後、足首を再度怪我してしまったが、厳しい撮影日程のため入院できずマネージャーにおんぶしてもらい撮影したこともあるそう。怪我の影響もありヒールの靴はあまり履けないという。

肌がきれいとして有名。また2011年から化粧品ブランド「リリコス」のモデルとしても活動している。

・性格はやや完璧主義な部分があるよう。監督がOKサインを出しても、本人が気に入らなければ何度も撮り直すという。「もう1度だけ行きます」はすでにお決まりコメントだそう。

・趣味・特技は読書、音楽鑑賞、表情演技、詩を書くこと、フルート演奏。本人のInstagramにも自分の写真より本の写真をたくさん載せている。長時間移動時の写真を見ると本をたくさん持ち歩いているのがわかる。1人で本屋に行くことも多いそう。

・芸能界では女優のパク・シネと仲がいいそう。 2人とも1990年生まれで、同じ大学の同期。

・恋愛、恋人に対しては運命を信じるそう。運命の人がいつかは現れると信じていると。 映画「朝鮮魔術師」では「運命的な愛に出会えば、乗り切れるのではないか」というロマン設定があり撮影に打ち込むことができたと明らかにした。

・芸能界の中でも目がきれいと言われている。瞳の色が明るいブラウンで独特な魅力がある。

コアラ5

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

はる

韓国好きになって10年目! 韓国の文化や食べ物、ファッション、旅行も好きです。 K-POPはもちろん、韓ドラ、映画も欠かさずチェックしてます。 ジャンルは問わずなんでも見ます!

-俳優

© 2020 韓ドラコイ