ハジウォンサムネイル

俳優

『ハ・ジウォン』プロフィール

プロフィール
名前 ハ・ジウォン(河智苑 Ha Ji-won)
生年月日 1978年 6月28日
出身 大韓民国 忠淸南道
身長 160㎝
血液型 A型
学歴 檀国大学校
事務所 ヘワダルエンターテイメント
SNS instagram

ハ・ジウォン 概要

大韓民国の女優。

『ハ・ジウォン』作品リスト

ハ・ジウォン の出演作品を紹介します。

『ハ・ジウォン』出演ドラマリスト

1996年・・・新世代報告書 大人たちは知らない、龍の涙

1997年・・・青い鳥はいる、愛よりもっと大きい愛

1998年・・・学校2、裸足の青春

1999年・・・危険な子守唄

2000年・・・秘密

2001年・・・人生は美しい

2002年・・・太陽の誘惑

2003年・・・チェオクの剣

2004年・・・バリでの出来事

2005年・・・ファッション70s

2006年・・・ファン・ジニ

2010年・・・シークレット・ガーデン

2012年・・・キング 〜Two Hearts

2013年・・・奇皇后 〜ふたつの愛 涙の誓い〜

2015年・・・君を愛した時間

2017年・・・病院船〜ずっと君のそばに〜

2019年・・・チョコレート

『ハ・ジウォン』出演映画のリスト

2000年・・・真実ゲーム、リメンバー・ミー、友引忌

2002年・・・ボイス、セックス イズ ゼロ

2003年・・・人生の逆転

2004年・・・愛しのサガジ、恋する神父

2005年・・・ふたつの恋と砂時計、デュエリスト

2007年・・・1番街の奇蹟

2008年・・・最後の贈り物、パボ

2009年・・・TSUNAMI -ツナミ-、私の愛,私のそばに

2011年・・・第7鉱区

2012年・・・ハナ 〜奇跡の46日間〜

2014年・・・朝鮮美女三銃士

2015年・・・いつか家族に

2016年・・・パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛

2017年・・・マンハント

2019年・・・担保

未定・・・雨光(仮)

ハ・ジウォン 演技活動

高校3年生だった1996年、ドラマ「新世代報告書 大人たちは知らない」で芸能界デビューを果たした。

1999年に出演したドラマ「学校2」反抗期のリアルな演技を通じて本格的に名前を知らせた。その後も、映画「真実ゲーム」でも印象的な演技を披露し、各種新人賞を受賞するなど次世代の期待株として注目を集めた。

ハジウォン5

出演作はヒットを続け「TSUNAMI -ツナミ-」では1,000万人を超える観客数を記録した。ハ・ジウォンの出演作で初めての1,000万人突破を手にした。また、 同年に撮影された「私の愛、私のそばに」も興行的に成功。この映画で青龍映画賞と百想芸術大賞で主演女優賞を受賞し、演技力が認められた。

ハジウォン4

そして 2010年には「シークレット・ガーデン」が大ヒット。 このドラマでSBS演技大賞で最優秀演技賞をはじめ、4冠に輝いた。 この時までに演技力、興行性をすべて備えたと認められ最高の女優として位置づけられた。

ハジウォン3

2017年にはドラマ「病院船」に出演した。 第1話から10%以上の視聴率を記録し、同時間帯1位を記録。しかし、少し無理のある設定、考証が足りない医学的設定、時間のかかる展開に加え、放送局による放送事故や野球中継、秋夕(チュソク)連休まで重なり、視聴率は低下してしまった。 ただ、そんな中でも「ワントップ」だったハ・ジウォンはすばらしい演技を披露し、演技力だけは土の中の真珠のように輝いた

ハジウォン2

ハ・ジウォン 演技力

多彩な魅力を持ち、善役・悪役、可愛らしいキャラクター、強烈でセクシーなキャラクター、現代劇・時代劇、悲劇・コメディ、ロマンス・アクションなど、どんなジャンルでもよく似合うスペクトルの広いスタイルの女優。 作品のキャラクターによって全く違う人のように感じられるほど変身能力に優れたカメレオンのような女優として評価されている。

演技力の面では、同世代の女優の中で最高と言っても過言ではないほど。単純ば演技だけでなく目で見せる繊細な感情表現も非常に優れている

さらに、決定的な彼女の最高の武器は泣く演技。悲しそうに泣く演技を駆使する面としては最高。

ハ・ジウォン 余談

・学生時代は、勉強もよくでき人気者だったそう。小学校2年生の時から中学校3年生の時まで8年連続で学級委員などに選ばれ、合唱部の指揮など学校の各種代表を引き受けたり、優秀な生徒だったという。

・女優活動以外にもダンスや歌手活動を一時的にしたことがある。2000年にまだ顔が知られていなかった新人歌手ワックスの代わりにビジュアル担当として舞台に上がって公演をした。実際に歌唱力は優れているが、ワックス代わりだったため、ハ・ジウォンは口パクをしながら踊る状態。 このため、当時「顔のない歌手」だったワックスの正体がハ・ジウォンではないかという噂が広がり、この歌は話題と人気を集めるのに成功した。

演技大賞を2回受賞したが、2回とも受賞が議論になってしまった。 ただ、ハ・ジウォンの演技力への批判ではなく、作品内の歴史や作品に関する問題がほとんどだった。

・2014年に起きたセウォル号沈没事故に1億ウォンを寄付した。

  • この記事を書いた人

はる

韓国好きになって10年目! 韓国の文化や食べ物、ファッション、旅行も好きです。 K-POPはもちろん、韓ドラ、映画も欠かさずチェックしてます。 ジャンルは問わずなんでも見ます!

-俳優

© 2020 韓ドラコイ