ハンジミンサムネイル

俳優

『ハン・ジミン』プロフィール

プロフィール
名前 ハン・ジミン(韓志旼 Han Ji-min)
生年月日 1982年 11月5日
出身 大韓民国 ソウル特別市
身長 160㎝ 43㎏
血液型 B型
学歴 ソウル女子大学校
事務所 BH ENTERTAINMENT
SNS instagram

ハン・ジミン 概要

大韓民国の女優。

『ハン・ジミン』作品リスト

ハン・ジミン の出演作品を紹介します。

『ハン・ジミン』出演ドラマリスト

2003年・・・オールイン 運命の愛、ナイスガイ、宮廷女官チャングムの誓い

2004年・・・デジャヴ

2005年・・・復活、メモリー

2006年・・・オオカミ、偉大な遺産、無敵の新入社員

2007年・・・京城スキャンダル、イ・サン

2009年・・・カインとアベル

2011年・・・パダムパダム -彼と彼女の心拍音-

2012年・・・屋根部屋のプリンス

2015年・・・ジキルとハイドに恋した私 〜Hyde, Jekyll, Me〜

2016年・・・嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~

2018年・・・知ってるワイフ

2019年・・・ある春の夜に、まぶしくて -私たちの輝く時間-

『ハン・ジミン』出演映画のリスト

2003年・・・お父さんには内緒

2005年・・・青燕

2007年・・・解剖学教室

2011年・・・朝鮮名探偵 トリカブトの秘密

2012年・・・エンディングノート

2014年・・・プランマン〜恋のアラームが止まらない!、王の涙-イ・サンの決断-、おおかみこどもの雨と雪「韓国版ナレーション」

2015年・・・チャンス商会〜初恋を探して〜

2016年・・・密偵

2017年・・・ふたつの光:リルルミノ(短編映画)

2018年・・・Her Story 、それだけが,僕の世界、虐待の証明、クッカブドエ・ナル

2019年・・・金福童

2020年・・・Josée

ハン・ジミン デビュー

ハン・ジミンはいくつかの偶然が重なりデビューを果たした。当時、所属事務所代表の弟がハン・ジミンを推薦しデビューが決まった。義妹が芸能界の方で仕事をしたこともあったそう。デビューは飲料水の広告だった。

CMを通し芸能界にデビューするが、積極的な活動はせず、雑誌モデル、広告モデルが主だった。その理由は本人の確固たる意志のためだった。中学・高校時代の思い出は、かけがえのない重要な時間だと考え、高校を卒業するまでは学校生活に比較的影響を与えない広告モデル中心の活動をしていた。やむを得ず午前に撮影がある時は学校から許可を得て仕事に向かい、撮影後はまた学校に戻って授業を受け、補充授業も欠かさなかったそう。そのためハン・ジミンが本格的に女優活動をするようになったのは大学入学後からだった。

ハン・ジミン 演技活動

2003年1月に放送された「オールイン 運命の愛」に出演。1歳年上の女優ソン・ヘギョの子役として出演した。当時、ハン・ジミンに子役オーディションの提案が入ったが、オーディション当日は家族と初めて行く海外旅行の日だったので、ハン・ジミンはオーディションをあきらめて家族旅行に行ったという。しかし、制作会社側は500:1の競争率にも関わらず、経験も少なくオーディションも受けなかったハン・ジミンにラブコールを送り続けた。 当時はソン・ヘギョと年齢も近く、そこまで似ていないという意見もあったが、ソン・ヘギョがダイエットをし、ヘアスタイルも変えると当時の製作会社の目は悪くはなかったと言える。

ハンジミン1

2005年にはドラマ「復活」でヒロインのソ・ウナ役を演じた。 かなりの人気を集めたが、当時、競争率の高いドラマが多かったため視聴率では1位になれなかったそう。しかし、ドラマの作品性と俳優たちの素晴らしい熱演に支えられ、放送終了時には視聴率22.9%まで上がった。このドラマによりKBS演技大賞で新人賞とベストカップル賞を受賞した。

ハンジミン2

2009年に放送された「カインとアベル」でもヒロインを演じた。 脱北者であると同時にコミカルなキャラクターだったが、このような役柄に合わせてハン・ジミンは着飾らない姿(ノーメイク)で熱演をした。 当時、ハン・ジミンの歴代キャラクターの中で1番可愛いと言われた役だった。ドラマそのものも共演俳優達の名演技とストーリー展開で好評を博し、大成功を収めた。

ハンジミン3

2012年はドラマ「屋上部屋のプリンス」に出演。同時間帯の視聴率1位を記録し有終の美を飾った。 このドラマを通じてハン・ジミンは時代劇と現代劇の両方をこなすことができる多様な演技のスペクトルを持った女優であることを見せた。同年、SBS演技大賞でドラマスペシャル部門最優秀女子演技賞とベストカップル賞を受賞した。

ハンジミン4

2018年は映画「虐待の照明」に主演として出演。これまでは善良で純粋なキャラクターを演じることが多かったが、この作品では全く違う荒々しく強烈なキャラクターを演じたことでイメージチェンジに成功したという評価を受けた。第38回韓国映画評論家協会賞でデビュー初の主演女優賞を受賞第39回青龍映画賞でも主演女優賞を受賞した。さらに、5月1日に開催された第55回百想芸術大賞で映画部門の女子最優秀演技賞を受賞。

ハンジミン5

 

美しいルックスでドラマ・映画はもちろん、CMにも多く出演。たゆまぬボランティア作品活動も行い、出演の多くは成功を収め国民に愛されている女優。

  • この記事を書いた人

はる

韓国好きになって10年目! 韓国の文化や食べ物、ファッション、旅行も好きです。 K-POPはもちろん、韓ドラ、映画も欠かさずチェックしてます。 ジャンルは問わずなんでも見ます!

-俳優

© 2020 韓ドラコイ