俳優

『ファン・ジョンウム』 プロフィール

プロフィール
名前 ファン・ジョンウム(黃正音 Hwang Jung Eum)
生年月日 1984年 12月25日
出身 大韓民国 ソウル特別市
身長 167㎝ 48㎏
血液型 O型
学歴 水原大学校
事務所 C-JeS Entertainment
SNS instagram

ファン・ジョンウム 概要

大韓民国の女優。

『ファン・ジョンウム』作品リスト

ファン・ジョンウム の出演作品を紹介します。

『ファン・ジョンウム』出演ドラマリスト

2005年・・・ルル姫

2007年・・・愛する人よ、冬鳥

2008年・・・ラスト・スキャンダル、エデンの東

2009年・・・二人の妻、明日に向かってハイキック

2010年・・・ジャイアント

2011年・・・私の心が聞こえる?、ハイキック3-短足の逆襲-

2012年・・・フルハウスTAKE2、ゴールデンタイム

2013年・・・お金の化身、秘密、じゃがいも星

2014年・・・果てしない愛

2015年・・・キルミー・ヒールミー、彼女はキレイだった

2016年・・・運勢ロマンス

2018年・・・恋のトリセツ

2020年・・・サンガプ屋台、あいつがそいつだ

『ファン・ジョンウム』出演映画のリスト

2009年・・・Wish

2010年・・・コ死~2番目の話:教育実習~

2015年・・・豚のような女

ファン・ジョンウム デビュー

2001年12月、ガールズグループ「Sugar」のリーダーとして芸能界デビュー。2004年に契約期間満了に伴い、脱退した。 脱退以後は演技活動を中心に行っている。

ファンジョンウム2

ファン・ジョンウム 女優活動

「Sugar」脱退後は女優として本格的に活動を始めた。女優デビューは2005年のドラマ「ルル姫」

女優活動を始めた初期は、アイドル出身という点と演技力不足で批判を受けたりもしたが、2009年に実際に恋人だったキム・ヨンジュンと「私たち結婚しました」(韓国バラエティ番組)に出演して反響を得るようになる。

その後「明日に向かってハイキック」にキャスティングされ、本格的なスター女優に浮上した。 彼女のセリフが流行語になったほど。着用した衣装は翌日にすべて完売。 あるシーンはパロディーされるなど、そのインパクトはすごかった。 CMまで増えていき、ものすごい人気だった。「2009年はファン・ジョンウムの年」とも言えるほどだった。 翌年開かれた2010年第46回百想芸術大賞でテレビ部門の女性新人演技賞を受賞する快挙まで成し遂げた。

ファンジョンウム3

2013年に放送されたドラマ「お金の化身」に出演。ファン・ジョンウムの演じた「ボク・ジェイン」は黒縁メガネをかけたデブ女のキャラクターだった。暴食でストレスを発散するという設定のコミカルな演技を披露している。

ファンジョンウム4

そしてファン・ジョンウムの人生にとって欠かせない作品であり、今でも代表作とも言える「秘密」にカン・ユジョン役として出演。かなり発展した演技力で好評を博した。 愛する人に代わって監獄暮らしまでしたが、子どもを失うことになり、愛した人に裏切られた怒りを表現する演技で多くの応援と支持を受けた。 ドラマ自体も同時間帯視聴率で1位を記録。また2013KBS演技大賞で最優秀演技賞を受賞した。

ファンジョンウム5

2015年は、様々な面でファン・ジョンウムの全盛期を謳歌した年になった。 ドラマ「キルミー・ヒールミー」では「信じて見るファン・ジョンウム」という優れたイメージを固めた。「彼女はキレイだった」では、大ヒットを記録しロコクィーンのタイトルを獲得することになる。 演技大賞の有力な候補にも挙がっても異見はない」という評価を受けた。 韓国ギャラップが調査した今年(2015)のタレント部門で1位を占めた。

ファンジョンウム6

ファンジョンウム8

ファン・ジョンウムは俳優の中でも作品を選ぶ基準がかなり良い方。 出演するドラマはほとんど興行に成功した。 特に「キルミー・ヒールミー」は多くの女優たちが断った作品にも関わらず配役を引き受け、作品はかなり興行的に成功を果たした。 本人はこれについて「自分は勉強ができたり、頭がよかったりするわけではないが感覚は生まれつきのよう」だと語った。 演技する時は、キャラクターを几帳面に分析するという。本人曰く、代表的な部分は衣装とメイクだという。彼女の出演している作品を見ると役作りの丁寧さがよくわかる。

ファン・ジョンウム 演技力

涙の演技やコミック演技をはじめ、感情演技が彼女の最高の強み。 トレンディな演技スタイルだけを追っているアイドル出身の女優たちとは違い、自分のキャラクターに対する研究は非常に優れている。

また自分の足りないところを直視し、それを直そうと絶えず努力する。 アイドル出身の女優の中でも先入観を破り、演技力で前向きな評価を受けている。

ファンジョンウム9

 

  • この記事を書いた人

はる

韓国好きになって10年目! 韓国の文化や食べ物、ファッション、旅行も好きです。 K-POPはもちろん、韓ドラ、映画も欠かさずチェックしてます。 ジャンルは問わずなんでも見ます!

-俳優

© 2020 韓ドラコイ