チャンヒョクサムネイル

俳優

『チャン・ヒョク』 プロフィール

プロフィール
名前 チャン・ヒョク(JANGHYCK)
生年月日 1976年 12月20日
出身 大韓民国 釜山広域市
身長 174.5㎝
血液型 O型
学歴 檀国大学校
事務所 Sidus HQ
SNS instagram

チャン・ヒョク 概要

大韓民国の俳優。

『チャン・ヒョク』作品リスト

チャン・ヒョク の出演作品を紹介します。

『チャン・ヒョク』出演ドラマリスト

1997年・・・モデル

1999年・・・日差しに向かって、学校

2000年・・・ワンルンの大地

2002年・・・明朗少女成功記、大望

2007年・・・ありがとうございます

2008年・・・不汗党(ブランダン)、猟奇的な彼女(第1話ゲスト)、いかさま師~タチャ

2010年・・・推奴、新・イヴのすべて(中国浙江テレビ)

2011年・・・マイダス、根の深い木 -世宗大王の誓い-

2013年・・・IRIS2-アイリス2-:ラスト・ジェネレーション

2014年・・・運命のように君を愛してる、恋愛細胞、古いさよなら、ポラロイドに託す想い輝くか

2015年・・・狂うか、プロデューサー、客主〜商売の神〜

2016年・・・ビューティフル・マインド ~愛が起こした奇跡~

2017年・・・ボイス~112の奇跡〜、最高の一発~時空を超えて~、カネの花

2018年・・・油っこいロマンス、バッドパパ

2019年・・・王になった男、私の国,見た通りに話せ

『チャン・ヒョク』出演映画のリスト

1998年・・・チャン

2001年・・・火山高

2002年・・・ジャングルジュース、トイレどこですか?

2003年・・・英語完全征服

2004年・・・僕の彼女を紹介します、Sダイアリー

2008年・・・情熱のステップ

2009年・・・ペントハウス象

2009年・・・オガムド〜五感度〜、ウサギとリザード

2011年・・・依頼人

2012年・・・Dance Of The Dragon

2013年・・・FLU 運命の36時間

2014年・・・愛の棘

2015年・・・純粋の時代

2016年・・・真実禁止区域(中国映画)

2017年・・・ありふれた悪事

2020年・・・剣客

チャン・ヒョク 俳優活動

1997年、ドラマ「モデル」本格的な俳優活動を始めた。 歌手「god」のデビュー曲だった「お母さん」にミュージックビデオの主演として出演し、大衆に顔を知らせた。

2010年、ドラマ「推奴」に出演しイ・デギル役を演じた。それ以降「チャン・ヒョクと言えばイ・デギル」と真っ先に思い浮かぶほどぴったりのキャラクターと評価されるほど相当な演技を見せた。 この年のキャラクターを最もよく表現した俳優と、最も好きな俳優の項目でそれぞれ1位に選ばれた。 また、このドラマでチャン・ヒョクは2010年KBS演技大賞大賞受賞の栄誉に輝いた。

チャンヒョク2

その翌年にもヒット作「根深い木」でもすばらしい演技を見せ、SBS演技大賞最優秀賞を受賞した。

チャンヒョク3

2016年にはドラマ「ビューティフル・マインド」に出演。共感障害を持つ天才医師、イ・ヨンオ役を演じた。 ドラマ自体は同時間帯に放送された同じ病院を舞台にした「ドクターズ」に完敗。視聴率低迷のため縮小放送されてしまったが、チャン・ヒョクの演技力だけは認められた。 毎回放送される度にチャン・ヒョクの演技力は絶賛を受け、視聴者が「人生演技」と表現するほどだった。

チャンヒョク4

演技力が高く評価される中、時代劇から医療ドラマまでこなすチャン・ヒョクが、イメージチェンジのためにキャラクター分析とシナリオ分析にどれほど力を入れたかどうかが分かると言われている。

ドラマ「バッドパパ」にユ・ジチョル役で出演した。 韓国を代表する「彫刻イケメン」に分類されるハンサムさを捨てて、生活苦で疲れた中年の家長ユ・ジチョルを演じながら真の俳優としての姿を見せた。 格闘技、ボクシング、アクション、演技と深い感情、演技いずれも実力絶頂の演技を見せ、素晴らしい演技を見せてくれたという評価だった。 ただ、作品は低い視聴率となり大きな名残惜しさを残したが、その代わり2018年のグリメ賞男子最優秀演技者賞を受賞した。

チャンヒョク6

2019年には「私の国」でイ・バンウォン役として出演。演技力と映像掌握力、ハンサムさ、大人のセクシーさを誇示した。演技力の高さに視聴者や評論家などから好評が殺到したほど。 本人もこの作品の演技で納得できたという。

チャンヒョク7

チャン・ヒョク 余談

・歌手「god」のミュージックビデオに出演する以前からgodと縁が深いそう。 無名の頃、ある宿で苦楽を共にした仲だという。

日本のTBS特別番組「突撃!スター通販報告」に出演したことがある。韓国料理の伝道師として出演した。

・人気韓国ドラマ「シークレットガーデン」主演の俳優ヒョンビンではなくチャン・ヒョクが出演予定だった。 ドラマ作家が当時「チュノ」を見てチャン・ヒョクに惚れ、キャスティングしたそう。  当時、所属事務所とのやり取りで制作側と合意に至らず、降板させてしまうという感情的な決定をしてしまった。

好き食べ物はテジ(豚)クッパ。また食べ方もすごくユニーク。 ソウルにある店で40回以上行きつけの店のテジクッパを、タデギ+サムジャンを全部入れて食べるそう。(通常サムジャンを入れて食べることは少ない)また、骨付き肉の入った酔い覚ましスープ作って食べる姿を見せたこともある。 食事は辛いものを好むという。

チャンヒョク8

  • この記事を書いた人

はる

韓国好きになって10年目! 韓国の文化や食べ物、ファッション、旅行も好きです。 K-POPはもちろん、韓ドラ、映画も欠かさずチェックしてます。 ジャンルは問わずなんでも見ます!

-俳優

© 2020 韓ドラコイ