キム・ダミ

俳優

女優『キム・ダミ』デビューからおすすめ作品まで完全プロフィール!

プロフィール
名前 キム・ダミ(김다미  Kim Da-mi)
生年月日 1995年 4月9日
出身 大韓民国 京畿道 坡州市
身長 170㎝ 
血液型 O型
学歴 仁川大学 公演芸術学科
事務所 andmarq
SNS instagram

キム・ダミ 概要

大韓民国の俳優。

モデル体型を生かし、以前はフィッティングモデルとしても活動。

2017年に公開された「マリオネット 私が殺された日」という映画で女優デビューを果たす。

『キム・ダミ』作品リスト

キム・ダミ の出演作品を紹介します。

『キム・ダミ』出演ドラマリスト

2020年・・・梨泰院クラス <チョ・イソ役>

 

『キム・ダミ』出演映画のリスト

2018年・・・マリオネット ~私が殺された日~ <ユ・ミナ役>

魔女 <ユ・ジャユン役>

2021年・・・ソウルメイト(仮題)<アン・ミソ役>

キム・ダミ 詳細

幼い頃から女優を夢見ており、ドラマを見ながら登場人物の感情を真似するのが好きだったという。 この時、楽しんで見たドラマは「天国の階段」そして高校生になって本格的に演技塾に通い俳優を志望した。

仁川(インチョン)大学の公演芸術学科に進学してからは、170cmの高い身長と8等身に近い優越な比率を生かし、各種有名衣類ブランドのフィッティングモデルとしても活動した。

演技にも熱心で演劇部で活動しながら劇場生活を送った。校内演劇で大韓帝国女性独立運動家の役も務めたことがある。 在学中にいくつかのCMにエキストラとして出演し、大学3年生の時には映画にもキャスティングされた。

そしてついに「マリオネット~私が殺された日~」 が2018年4月19日に公開された。続いてこの映画とほぼ同じ時期に撮影した独立映画である「2017同名異人プロジェクト」が5月25日に封切らた。

さらに6月27日には「キム・ダミ」という名前を世の中に本格的に知らせた「魔女」が公開された。 なんと1500対1の競争率を勝ち抜いて、パク・フンジョン監督の選択を受けた。 キム・ダミはこの映画で主人公ク・ジャユン役で印象的な演技をし一躍、怪物新人に浮上した。ク・ジャユン役でその年の各種映画祭の新人賞を総なめし、忠武路(チュンムロ)が注目する新人女優として確実に注目を集めた。

華やかなデビューを果たし、次回作は何かと注目が集まったところ、元々次回作は「魔女2」と言われてきた。 しかし、パク・フンジョン監督の次回作が「魔女2」ではなく、他の作品であることが分かった。また「魔女2」が製作費問題のため製作が見送られた。

その後、JTBCで同名のウェブ漫画をドラマ化した「梨泰院クラス」のヒロイン役にキャスティングされ、次作は梨泰院クラスに確定した。

梨泰院クラスの視聴率が5回で全国視聴率10%を突破、最終話では全国視聴率16.5%を記録し、ドラマ初出演作品から大ヒットした。

キム・ダミ 余談

・顔は童顔だが8頭身に近いモデル比率を持っている。 実際にフィッティングモデルとして活動していたが、2015年から映画界デビュー直前まで活動していた。 この時期にモデル活動をしながら撮った写真がインターネットでたくさん出回っている。

キムダミ5

・似ている芸能人が多いと言われる。特にソ・ジス(Lovelyz)、アン・ジヨン(BOL4)、キム・ゴウン、パク・ソダムの名前がよく挙がる。いずれも一重、輪郭などで外見的にも雰囲気が少しに似ているような。

・性格としては、よく笑うとのこと。大人しく口数は少ないほうだが 、よく笑うため冷たくは見えない。

キムダミ6

キム・ダミ おすすめ作

日本で新たに韓国ドラマブームを起こした「梨泰院クラス」に出演し、一躍知名度を上げたキム・ダミですが、そんな彼女のおすすめ作は「魔女」です!

「魔女」出演時は新人にも関わらず、シリアスな雰囲気と緊張感溢れるシーンを演じ切りました。作中では制服姿で登場しておりメイクも薄いため幼く見えますが、緊迫感のあるシーンで見せるセリフ、表情は大きなギャップと素晴らしい演技力を見せてくれました。

最近では「梨泰院クラス」チョ・イソ役のイメージが強いかもしれませんが「魔女」では違ったイメージ、実力がよくわかります。彼女を知るためにはまず「魔女」を見ることをおすすめします!

キムダミスクショ3

  • この記事を書いた人

はる

韓国好きになって10年目! 韓国の文化や食べ物、ファッション、旅行も好きです。 K-POPはもちろん、韓ドラ、映画も欠かさずチェックしてます。 ジャンルは問わずなんでも見ます!

-俳優

© 2020 韓ドラコイ