クヘソンサムネイル

俳優

『ク・へソン』プロフィール

プロフィール
名前 ク・へソン(具惠善 Koo Hye-Seon)
生年月日 1984年 11月9日
出身 大韓民国 仁川廣域市
身長 163㎝
血液型 A型
学歴 成均館大学校
事務所 MIMI entertainment
SNS instagram

ク・へソン 概要

大韓民国の女優。また映画監督、作家も兼ねている。

『ク・へソン』作品リスト

ク・へソン の出演作品を紹介します。

『ク・へソン』出演ドラマリスト

2005年・・・薯童謠 (ソドンヨ)

2006年・・・19歳の純情

2007年・・・王と私

2008年・・・最強チル

2009年・・・花より男子〜Boys Over Flowers~

2011年・・・ザ・ミュージカル

2012年・・・お願い,キャプテン、民視 絶対彼氏〜My Perfect Darling〜

2014年・・・エンジェルアイズ

2015年・・・ブラッド

2017年・・・あなたはひどいです(体調不良により途中降板)

『ク・へソン』出演映画のリスト

2014年・・・Daughter

ク・ヘソン デビュー

デビュー前から韓国内の5大オルチャンとしてインターネット上で人気を集めていた。

クヘソン4

その後、歌手デビューを目標にDSPメディアで練習生として準備する時代もあったが、YG entertainmentのヤン・ヒョンソク代表と出会い、本格的に女優の道を歩むようになった。

そして2002年にコンピューターの広告で芸能界デビューを果たした。

ク・ヘソン 活動

2006年には視聴率が40%以上を記録した人気ドラマ「19歳の純情」でヒロインとして出演。大きな注目を集めた。

クヘソン2

2009年頃からは自身の本を出版。絵の展示会を開き、映画まで製作。映画監督、脚本、作家など様々な職業を通じて活動領域を大きく広げた。

小説「タンゴ」発売から1週間で3万部が売れ、映画監督デビュー作の「愉快なヘルパー」釜山アジア短編映画祭観客賞を受賞した。

2019年9月2日、法律代理人を通じて「私はあなたのペット」の発刊を最後に芸能活動を暫定的に中断した。当時は大学の復学を準備していると明らかにした。またSNSに「『私はあなたのペット』の出版を控え、皆さんに最後の挨拶をしたい」と書き、引退を暗示していた。

演技活動

2006年にドラマ「19歳の純情」でヒロインを演じた。当時このドラマは平均視聴率29.4%、最高視聴率は43%を記録して興行的に成功した。この作品で本格的にク・ヘソンの認知度が急上昇した。

2009年はドラマ「花より男子」にクム・ジャンディ役で出演した。ク・ヘソンは「クム・ジャンディ」というキャラクターが主人公でありながらも、やや物足りない演技力でうまく発展できなかった姿を見せ、非難を浴びてしまった。それでもドラマ自体の視聴率は30%を記録し大ヒット。そのおかげもあり、2009年演技大賞でネチズン最高人気賞とミニシリーズ部門優秀演技賞、ベストカップル賞を受賞し3冠を記録した。

クヘソン3

監督活動

ク・ヘソンは、ある映画会社の代表と縁があり映画監督の道を歩み始めた。

映画製作を進めたが、映画評論家たちからク・ヘソンの初作品にそれほど高い評価はつけなかった。ある記者は「話が細かく、繋がらずに感情を積み上げていくのが大変。シナリオにもっと力を入れていたら良かっただろう」という評価とともに、評価で星を0個つけるという屈辱を受けたことがあった。

だが、活動を継続しク・ヘソン自身が演出に参加した映画「許蘭雪軒(ホナンソルホン)」で2015第48回ヒューストン国際映画祭伝記および自叙伝部門で大賞を受賞した。これは映画ではなく、テレビドキュメンタリーであり、メイン演出家は別にいる。ク・ヘソンはこのドキュメンタリーでナレーション、ドラマ監督を務めた。

ク・ヘソン 余談

・2010年に実施された「先輩に最も好かれそうなニューフェース芸能人」アンケートで1位を獲得したことがある。

・2016年5月21日に俳優のアン・ジェヒョンと結婚した。だが、2020年7月15日に合意離婚を発表した。離婚後は非婚主義者になったように見えたという意見もある。離婚についてのインタビューでは「離婚はただ現実を認知することだ」と話した。

利き手は左。だが、字を書く時やボールを使う際は右手で行うそう。

・料理を含めて家事は手慣れていない様子。食事はデリバリーが多いという。

真っ白で冷たそうに見える肌はとてもきれいで羨望の対象になることが多い。一時期はメイクなどで真似する人もいたそう。

クヘソン5

 

女優業から映画監督まで活動の幅を大きく広げています。近年ではドラマなどテレビで見る機会が少なくなっていますが、また女優としての活動に期待です!

  • この記事を書いた人

はる

韓国好きになって10年目! 韓国の文化や食べ物、ファッション、旅行も好きです。 K-POPはもちろん、韓ドラ、映画も欠かさずチェックしてます。 ジャンルは問わずなんでも見ます!

-俳優

© 2020 韓ドラコイ