イジュンギ-サムネイル

俳優

俳優『イ・ジュンギ』デビューからおすすめ作品まで完全プロフィール!

プロフィール
名前 イ・ジュンギ(李準基 Lee Joon-Gi)
生年月日 1982年4月17日
出身 大韓民国 釜山廣域市
身長 178㎝ 63㎏
血液型 B型
学歴 ソウル総合芸術実用学校
事務所 Namooactors
SNS instagram

イ・ジュンギ 概要

大韓民国の俳優

映画「王の男」コンギル役を演じ、神秘的できれいな外見でシンドローム的な人気を博し一躍スターとなった。

ドラマ「犬とオオカミの時間」「一枝梅」が大成功。より一層発展した演技を見せ、俳優として認められた。 特に「一枝梅」のでは抜群の演技力を見せ、興行性と演技力のすべてを備えた俳優であることを立証した。

軍隊除隊後も「TWO WEEKS」「朝鮮ガンマン」「無法弁護士」「悪の花」など多数の作品に出演している。

『イ・ジュンギ』作品リスト

イ・ジュンギ の出演作品を紹介します。

『イ・ジュンギ』出演ドラマリスト

2001年・・・星の声

2004年・・・STAR’S ECHO~あなたに逢いたくて~(日韓合同作品)、どうすりゃいいんだ!~1979年の贈り物~

2005年・・・マイガール

2007年・・・犬とオオカミの時間

2008年・・・一枝梅

2009年・・・ヒーロー

2012年・・・アラン使道伝

2013年・・・TWO WEEKS

2014年・・・朝鮮ガンマン

2015年・・・夜を歩く士

2016年・・・麗~花萌ゆる8人の皇子たち、ファーストキスだけで7回目

2017年・・・クリミナル・マインド:KOREA

2018年・・・無法弁護士~最高のパートナー

2019年・・・ホテルデルーナ

2020年・・・悪の花

『イ・ジュンギ』出演映画のリスト

2004年・・・ホテル ビーナス(日韓合同作品)、僕らのバレエ教室

2005年・・・王の男

2006年・・・フライ・ダディ、初恋の雪 ヴァージン・スノー、光州5・18

2016年・・・バイオハザード:ザ・ファイナル、シチリアの恋(中国作品)

イ・ジュンギ デビュー前

韓国の釜山(プサン)で生まれた。 もともと夢はプログラマーだったが、高校時代の友達と一緒に演劇「ハムレット」を見た後、演劇の魅力に惚れて俳優になろうと決心した。

高校時代の後輩の証言によると、イ・ジュンギは普通の放送部の学生だったという。 ただ、演技に対する情熱が人並み外れていて注目を集めている学生だった。ある先生はイ・ジュンギに「お前が俳優になったら自分の手を焼くんだ!」と話したという。

その後は俳優になりたくて一人で上京し、ビリヤード場やビヤホールなどで各種アルバイトをしながらオーディションを受けていた。 俳優になって有名になるまで紆余曲折が多かったそう。

イ・ジュンギ 活動

イ・ジュンギの俳優人生を変えたと言える映画「王の男」2000~3000倍の競争率を勝ち抜いてコンギル役にキャスティングされた。 約1ヵ月間続いた3回のオーディションに参加し、他の志願者との差別化に努めた。 特に最後の3回目のオーディションでは、芸人劇を披露する場面があったが、逆立ちをして足を広げ関係者から好評を得たエピソードは有名だ。

チャンセン役のカム・ウソンは最初イ・ジュンギに反対したそうですが、その理由はイ・ジュンギと挨拶した時、とても男の子のようだったと言われている。

イジュンギ12008年のSBSドラマ「一枝梅」では、はつらつとした姿から苦悩する英雄の姿まで様々な魅力を披露し、俳優としての演技力を認められた。 俳優イ・ムンシクと親子関係で出演し、阿吽の呼吸を見せ、視聴率を牽引する大きな役割を果たした。 イ・ジュンギは、このドラマでSBS演技大賞最優秀演技賞を受賞した。

 

イジュンギ3

翌年にはMBCドラマ「ヒーロー」に出演。日本の横浜アリーナでプロモーション兼ファンイベントを行い注目を集めた。 俳優として活発な活動を続けるべき大事な時期だったが、韓国番組「ヒーリングキャンプ」で告白したところによると、信頼していた知人に騙され、かなり大変だったと推測された。

イ・ジュンギ 軍隊

2010年5月3日、現役として入隊した。 多くの人が「美しい男」のイメージがあったため軍を避けると思っていたが、堂々と入隊して軍生活を送っているニュースや写真が報道された。  入隊当時、本人は一般私兵として服務することを強く希望していたが、その当時多くの芸能人が服務していた国防部勤務支援団広報支援隊から派遣されたため、入隊した後も芸能兵士として忙しい活動をしていたという。

入隊するやいなや、軍のミュージカル「生命の航海」に海岡(ヘガン)役で出演。ラジオ放送のMCを務めるか、国防テレビ番組にもレギュラー出演した。2011年には陸軍の新型戦闘服の広報モデルも務めた。 2012年2月16日に退役。軍服務を終えた。

実際、イ・ジュンギは入隊の約3週間前の4月16日に令状を受け取った。 しかし当時、複数のドラマにキャスティングされており撮影が始まっているものもあった。 このような理由で入隊延期を申請したが、受け入れられなかった。 イ・ジュンギは、該当作品の出演料を返納し、中国で広告契約違反で訴えられた。入所当日はインタビューを通じて関係者に謝罪しなければならなかった。 同時に、ここで発生した違約金をすべて自費で払わなければならなかったということもファンの間ではよく知られている話だ。

自衛隊配置後の8月21日には、軍ミュージカル「生命の航海」のリハーサル中に落ちてきた舞台装置を額に当て、病院に運ばれた50針を縫う怪我となった。 さらに、弱り目にたたり目で、代役の俳優がいないという理由で、その晩、目がよく開かないほど浮腫んだ顔で舞台に立たなければならない困難に直面したという。 とにかく入隊時期には様々な苦労が多かったようだ

イジュンギ4

イ・ジュンギ ファン交流

俳優ではあるが、コンサート形式のファンミーティングを開くことで有名。 普段からファンに優しく接するという点も広く知られており、コアファンを多く集めている。

2006年にシンドロームが起こった当時、1万2000人余りのファンが参加した蚕室(チャムシル)室内体育館で、歌・ダンスなど各種パフォーマンスを披露する「エピソード1」を開催した。 当時、2億ウォンという費用がかかる華やかな舞台で、番組放送されたりもした。

とても愛されているので、何かしてあげたかったが当時はどのように準備すればいいのかよく分からなかった。 「やってみたいことが多すぎる血気に満ちていた子ども」のようなイ・ジュンギを見て、周りの憂慮も多かった。 ほとんどの俳優が「どうして歌って踊るのか」という話をよくするが、私はファンと夢中になるまで疎通したい。 ファンのために何かを準備して一緒にパーティーをするエネルギッシュな感じが良かった。 むしろ、ファンミーティングを通じて私が良い気運とエネルギーをプレゼントされるという考えは今も変わっていない。イ・ジュンギ インタビューより

イ・ジュンギ おすすめ作品

イ・ジュンギの魅力が詰まったおすすめ作品をランキング形式で紹介します!

第1位 ドラマ「麗~花萌ゆる8人の皇子たち」

イケメン揃いの豪華キャストで話題を呼んだドラマです。歌手IU演じるハジンがなんと高麗時代にタイムスリップし繰り広げられるファンタジー要素のある作品です。このドラマでイ・ジュンギは冷徹な俺様タイプな第4皇子を演じています。クールで近寄りがたい印象ですが、徐々に心を開き男らしく女性を守る姿には胸キュン必須です。切れ長の目に韓服はよく似合います!

イジュンギスクショ

第2位 ドラマ「TWO WEEKS」

愛する人のため、愛する人の命を守るために自分の身を削りながらも奮闘していく物語です。自分の娘にあたる少女が病に…。そんな中、イ・ジュンギ演じるテサンが事件に巻き込まれ濡れ衣を着せられることに。少女を守るため、その命の期限は2週間。アクションシーンでは息を呑む場面もあり目が離せません。愛、命の大切さを感じることのできる作品です。

イジュンギスクショ2

第3位 ドラマ「無法弁護士」

この作品でイ・ジュンギは破天荒な弁護士を熱演しています。何事にも大胆で彼を止めるのは一苦労ですが、そんな彼にも悲しい過去が。その過去に起きた事件を巡り繰り広げられるドラマです。派手なアクションはもちろん、クスッと笑える場面も。仕事のパートナーを組むことになった女優ソ・イェジ演じるジェイとの恋愛模様も見どころです!

イジュンギスクショ3

 

時代劇から派手なアクションシーンまで。彼の演技力が一目でわかる作品です。ぜひ見てください!

  • この記事を書いた人

はる

韓国好きになって10年目! 韓国の文化や食べ物、ファッション、旅行も好きです。 K-POPはもちろん、韓ドラ、映画も欠かさずチェックしてます。 ジャンルは問わずなんでも見ます!

-俳優

© 2020 韓ドラコイ