イユビ-サムネイル

俳優

『イ・ユビ』プロフィール

プロフィール
名前 イ・ユビ (李侑菲 Lee Yubi)
生年月日 1990年 11月22日
出身 大韓民国 ソウル特別市
身長 163㎝ 52㎏
血液型 B型
学歴 梨花女子大学校
事務所 Y-BLOOMエンターテイメント
SNS instagram

イ・ユビ  概要

大韓民国の女優。

『イ・ユビ 』作品リスト

イ・ユビ  の出演作品を紹介します。

『イ・ユビ 』出演ドラマリスト

2011年・・・ヴァンパイア☆アイドル

2012年・・・優しい男

2013年・・・九家の書

2014年・・・ピノキオ

2015年・・・夜を歩く士

2016年・・・むやみに切なく

2017年・・・恋するダイアリー

2018年・・・ラブ・セラピー

2020年・・・コンビニのセッピョル(特別出演)

2021年・・・朝鮮駆魔師、

『イ・ユビ 』出演映画のリスト

2014年・・・尚衣院

2015年・・・二十歳

2020年・・・Best Friend

イ・ユビ デビュー

母は女優のキョン・ミリ妹も女優のイ・ダイン。芸能一家の長女として有名。

幼い頃は「母親のような女優になりたいか」と周りから聞かれることが多かったが、当時は嫌だったといい女優にはならないと誓ったそう。しかし、ある時からミュージカルに関心を持つようになり、将来はミュージカル女優になるため、小学校6年生の時から声楽を専攻するようになった。

大学在学中に演技をしたいという気持ちを持ったが、家族には言わずオーディションに参加した。当時のイ・ユビは、生まれて初めてのオーディションだったにも関わらず見事合格。2011年のシチュエーションコメディドラマ「ヴァンパイア☆アイドル」でデビューを果たした。

イ・ユビ 演技活動

2012年にはドラマ「優しい男」に出演。カン・チョコ役を演じ、大衆に存在感を示した。この頃からイ・ユビはドラマ出演しながら広告やCM出演も増えるようになっていった。

2015年にはドラマ「夜を歩く士」で初主演を務める。

イユビ3

その後も主演作は続々と増え、ドラマ「恋するダイアリー」「ラブ・セラピー」などで主演としてドラマをけん引していった。

イユビ1

イユビ2

イ・ユビ 余談

・ドラマ「夜を歩く士」の撮影中、倒れて腰を負傷。2-3週間入院して治療を受けたことがある。その後、後遺症のために半年ほど運動ができなかったという。 以後、この作品のセット場がトラウマになってしまいしばらく休んだことがある。

・「ボタバイオ」の有償増資に参加し、株主名簿に名を連ねている。どうやら母親のキョン・ミリの紹介で参加したようで、1750ウォンで57,142株(約1億ウォン)の配当を受けたが、その後株価が1万ウォンを超えて約6億ウォンに増えた。

・女優である親の七光りが嫌で、ドラマオーディションの時は自分がキョン・ミリの娘であることを隠していた。だが合格後、合格者の中にキョン・ミリの娘がいるという噂が出回り、ようやく明らかにしたという。 デビュー後もイ・ユビがキャスティング候補に上がったという記事には100%で「親のコネ」という書き込みが出たり、記者も堂々と「キョン・ミリの娘」という見出しをつけるなど依然として母親の知名度が高く、苦労している。 

・2016年1月、女優生活で初めて稼いだお金を寄付した。「アノソサエティー」会員(1億ウォン以上の高額寄付者の集まり)に加入したこともある。正確な寄付金額は明らかにされていないが、1億ウォン以上になると推定される。

・驚く時、独特な表情をすることで有名。ある番組で犬の行動に驚いた際、周りの人より目を大きく開き、眉間をしかめながら腕を上げて驚く姿を見せた。

・韓国バラエティ番組「本物の男300」(軍隊を体験する番組)に出演した際、本人の体重を公表したが公式プロフィールと10Kgの差があり話題になった。これに対して本人は、ズボンが10Kgあると愛嬌を見せながら言った。

イユビ2

 

  • この記事を書いた人

はる

韓国好きになって10年目! 韓国の文化や食べ物、ファッション、旅行も好きです。 K-POPはもちろん、韓ドラ、映画も欠かさずチェックしてます。 ジャンルは問わずなんでも見ます!

-俳優

© 2020 韓ドラコイ