パクソジュン サムネイル

俳優

俳優『パク・ソジュン』 プロフィール。これだけ読めば完璧!

 

 
 
 
 
 
Instagram에서 이 게시물 보기
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

박서준(@bn_sj2013)님의 공유 게시물

パクソジュン プロフィール
本名 박용규(パクヨンギュ)
漢字 朴敍俊
出生 1988年12月16日、ソウル
居住地 ソウル特別市 江南区 清潭洞
身体 185cm、76kg
血液型 AB
家族 両親 , 弟 2人
学歴 松内小学校 (卒業)
林鶴中学校 (卒業)
アンナム高等学校 (卒業)
ソウル芸術大学(演技・専門学士)
所属事務所 オーサムイーエンティ
デビュー Remember MV(2011年)
SNS instagram
youtube

パクソジュン 生涯

1988年12月16日、ソウルで3人兄弟の長男に生まれた。 元々夢は 野球選手だったが、体格の良い弟も野球選手を夢見ていたため、弟のほうが野球に適していると思った父に反対され自分の夢をあきらめた。 他意によって夢が挫折したその後、無気力な学生時代を送ったが、偶然参加した コスプレパフォーマンスの舞台をみて俳優を夢見るようになったという。

役者になった理由

中学校3年生の時、祭典の舞台に立ったが、進路が変わった。 アニメキャラクターのコスプレをしたままパフォーマンスをする場だったが、数百人の観客が見つめている中、照明を受け、舞台に上がって、すごい喜びを感じた。 その瞬間の強烈な感じを忘れることがなかった。 その時から俳優の夢を育てた。<パクソジュン>

しかし、”あなたのような内向的な子どもがどのように演技をするというのか。”という理由でもう一度反対された。 この当時、両親に自分の意志を見せれば、どうにか受け入れてくれるのではないかと考え、40人中36位であった成績を5位まで引き上げ、成績が三回以上落ちないことを前提に演技の勉強を継続できた。

2年半の間、学校の自習学習の代わりに、ソウルにある演技塾に通った。 終電に乗って家に帰ると12時半だったが、成績を維持するため、早朝3時まで勉強をしたとのこと。 このような努力で成績は二回しか落ちておらず、無事に勉強を終えて ソウル芸術大学の演技科に進学することができた。

しかし、いざ大学に進学しると、本人よりずっと優れた周りの友達を見て、自信を失うなどスランプに陥るようになり、考えを整理するために2008年7月7日、軍隊に入隊した。

早く入隊した理由

実際に大学に行きながら、人生の最も大きな目標を失ったようです。  周辺では、しきりに’今デビューしても遅い’と話をされました。 中には遅くなったとしても演劇だけをして40・50代に活躍するなど多くの事例があるじゃないですか。 私はデビューが遅くなっても死ぬまでに活躍できればいいと、自ら基準を出したからまずは軍隊から解決したいんですよ。

軍隊に行ってからは、むしろ私がこの事をどれほど好きなのか確信しました。 早く、まともな現場で他のプロ俳優たちと作品を作っていきたかったです。 その現場で演技をすることはどのような感じがするか気になりました。

もちろん、大変な瞬間がまったくなかったのではありません。 軍隊では、まるで私の時間だけ止まったような気がするんですよ。 そんなとき同年代の俳優たちが自分が望むものを遂げていく姿を見ると、羨ましいです。 果たして私もあそこに立つことができるかと心配になったりします。 しかし、瞬く間に心を引き締めます。 始めてもいない前にできないんだと諦めることはできないと。 とりあえず一度やってみて私の器がどの程度なのか調べなければならないと。

<パクソジュン>

軍隊除隊後、元所属事務所のキーイーストと契約し、本格的に演技活動を開始した。 キャスティングされた後、衣装に着替えたのにも関わらず、出演が白紙になる等、様々な紆余曲折を経験して俳優を諦めようとしたが、よく耐えたという。 とくに、多様な役をこなすためにボクシング、剣道、合気道、乗馬まで順に学んでいったとのこと。

演技をしながら最も重要視しているのは、私自身を信じることです。 役割と接する時はわたしの直感を信じます。 演技に正解はないんですよ。 完全な私の思いを込めて僕の演技をしなければならないと思います。
そのためには、たとえ誰かが’君がしたことではない’といっても、彼に一つ一つ’なぜ正しいのか’説明してあげられるほど、普段演技についてたくさん考え、新たな試みもたくさんしなければならないです。 その過程そのものが演技のようです。 デビュー後、試行錯誤しながら苦悩する過程の大切さを気づきました。 考えが本当に複雑ですが。 私がちょっとね(笑)。

パクソジュン デビューから

デビュー当初(2011-2012)

2011年 B.A.P バンヨングクの’I Remember’ミュージックビデオの主人公として正式デビューし、翌年の2012年 KBS 2TVドラマ『ドリームハイ2』で魔性のアイドル役を演じ、本格的な演技活動を開始した。 前作より興行しなかったけど、俳優本人を知らせることには成功したと評される。 コミックダンス王、パク・ソジュンを鑑賞できるレアな初期の作品だ。

同年夏からKBS『シットコム ファミリー』で可愛く筋肉バカで満ち溢れたチェウシクと町内の馬鹿コンビ、 ダソムとは一方的な片思いの演技を見せてくれた。 分量が多くはないが、これから先のパク・ソジュンのロマンチックコメディーと日常、演技の基盤となった作品でもある。

2013-2014

2013年 にはMBC週末ドラマ『金よ出て来い☆コンコン』でやつれた財閥の息子パク・ヒョンテ 役を演じ、初めて大衆の注目を受け始めた。 新婚旅行地で妻を置いて本人の女友達と楽しく遊ぶ鴨鴎亭チャラ男に巨漢悪口を受けたりしましたが、だんだん自分の妻を愛するロマンチストの姿を見せてくれた。 パク・ソジュンはこのドラマで人生で初めて演技賞を受けており、後日インタビューで本人の人生のターニングポイントがこの作品であることを明らかにしたこともある。

短編映画だが、ドラマフェスティバル-眠れる森の魔女に主人公キムヒムチャン役で出演し、本人の人生の初主演作も残した。

以降 2013年でから2014年まで続くSBSドラマ『暖かい一言』で ソンミンスに扮して初めてミニドラマでかなり大きな比重を占める役を託された。 この作品でナ・ウンヨン駅の 一本とともに家族間の悪縁によって試練を経験する悲惨な運命の ソンミンスを演じた。 この作品を通じて地上波、年末の対象からニュースター賞を受賞し、もう一度本人の名前を知らせることに成功した。

2014年、初めて tvNドラマ『魔女の恋愛』を通じて主演でとして参加した。 リッチな魔性の年下男ユンドンハとして出演し、これまで受けた関心とは次元が異なる、爆発的な人気を得ることになる。 劇の序盤、高いレベルのキスシーン、オンマ世代の主演俳優間との年齢差で多くの関心を受けたが、その年に起きた残念な事故によって2週間欠放をして序盤、話題を続けることが出来なかった。 それでもその後、ニルソンコリア有料プラットフォーム基準の平均視聴率1.8%などの記録を立てており、特に、最も主なターゲット層である30代女性視聴層では平均3.3%、最高4.1%を記録したこともあり、半分の成功だという評価だ。 ロコ・ブルドーザー、パク・ソジュン表ロコの開始点でもあり、ほとんどが認めるビジュアルの頂点を残した作品だ。 パク・ソジュンの長所をまともに立て直したスリムフィットフンデディンスタイルの衣装と覆った頭でぬくぬくとした年下の男性の姿を留めて、いわゆる’ナムチンチャル’(理想の彼氏画像)を大量生産した作品でもある。

作品活動のほかにも芸能などで、本人の活動領域を広げる期間にもなった。 まず2013年から男性俳優スター誕生の舞台と呼ばれる ミュージックバンクのMCで活動しており、 ランニングマン、tvN、芸能、タクシーなどに出演した。 2014年にはSBS演技大賞MCを務めたりもした。

映画デビュー(2015)

2015年には MBC ドラマ 2本に相次いで出演し、確かな主演として位置付けられるようになる。

まず、年明けに放送された『キルミー、ヒールミー』では表向きには遊び好きと見られるが、、知られたことがないベールに包まれたベストセラー作家 オリオン役で出演した。愛する人のため、本人の心を隠す魅力のキャラクターが非常に愛された。中でも最高はシチュエーションコメディ経験者らしい、はつらつたる姿の 演技でこれだけでなく、熱く働くコーディネートの心もつかんだ。

下半期には前作で兄妹役で呼吸を合わせた ファン・ジョンウム と『彼女はキレイだった』で再会し初めて地上波主人公を務めた。デブなダサ男から、モデルフォース男に驚くべき変身をした副編集長 ジソンジュン役で出演した。『彼女はキレイだった』は4.8%へ低調な視聴率でスタートしたが、俳優たちのしっとりしたコミック演技との甘いロマンス演技で逆走行に成功して最高18%まで上昇し、2015年ミニドラマの暗黒期に破った最高興行作の一つと評価された。

‘彼女はきれいだった ‘は作品の成功だけでなく、パク・ソジュン個人にも興行主演俳優として成長するようになった作品でもある。 この作品を通じて 2015年、今年を輝かせたタレント5位 に選ばれ、2015 MBC 演技大賞では4冠王に輝き、同年最高のライジング・スターであることをもう一度証明した。

私が高校生の時に初めて演技に接しましたけど、最初、開始するにあたっては、この授賞式の席に私が行けるとは想像もできなかったです。
今年のように多様な作品に出演して、多くの愛を受けるこのような機会が私にはいつも奇跡のようなことです。
これからも自分なりの奇跡を書き続けていくため努力します。
<2015 MBC演技大賞受賞の感想>

同年、パクソジュンという名としてブラウン管だけでなく、スクリーンでも熱して働いた。

主演としてスクリーンデビュー作である『悪のクロニクル』で事件の鍵を握った末っ子の刑事チャドンジェに変身して、従来のスイートなイメージがない黒化た姿を演技して新たな可能性を見せてくれた。 少しだった反転だという見方が、4月、ボックスオフィス1位に上がり、損益分岐点を超える219万人の観客数を記録し、この映画で大鐘賞映画祭と青龍映画賞、百想芸術大賞新人賞候補に上がっており、その中で青龍映画賞で人気スター賞を受賞した。

また、夏に公開した『ビューティーインサイド』では、多くのウジンのうち女主人公と初デートをする’初デート男’で出演した。 一役を60人が消化するために大きな分量ではないが、その中で事件展開のための最も核心的な部分を演じた。 ‘ステーキが好きです、寿司が好きです’という名台詞を残した。

2016-2017

2015年成功的な一年を送った後、次回作として『花郎(ファラン)』を選択した。

『彼女はきれいだった』後半の撮影時期に原稿を見た。 3個程度のシーンを見ただけなのに面白かった。 シナリオに「苦労」とはっきり書いていたよ。 ハハ。 学ばなければならない事も多く、それで心配にもなったが時代劇に出演すれば、従来のイメージを見せられるようになりそうだった。 私がやってきた役割を説明するならば、骨品もない底辺の庶民出身が伝説的な画廊として成長するという話だ。 何よりも今、私の年代にぴったりの役割だ。 ’29歳の私がこのたくさんの感情と激情をどう表現することができるかな? ‘とこのような考えでもとても興味深かった。

初の時代劇の挑戦であり、放映は 2016年に開始して 2017年まで続いた。 100%に事前制作作品で撮影前、中国LeTVに先行販売しており、4月初撮影を開始して8月に放送を目標としていたが、撮影遅延で予想より遅れた9月に全ての撮影が終了された。 また、従来になかった事前審議期間が生じて放映がもっと遅くなった。 このような紆余曲折にもかかわらず、12月放送を開始したが、サード配置報復問題で中国でまともに放映されなかった。 意図しないように空白が長くなり、作品の評判が良くなかったけど、劇中の名前も骨品もない庶民出身で伝説的な画廊として生まれ変わる人物を演じながら、ロマンチックコメディージャンルではなく、新たなジャンルで演技の幅を増やすきっかけになった。

大衆の目には2016年がパク・ソジュンの長い空白に見えるかもしれないが事実、ファランの撮影が終わる前に早くも次期作『ミッドナイト・ランナー』 にキャスティングされており、『花郎(ファラン)』放送前に撮影を開始している。 また、ファラン終了直前であり『ミッドナイト・ランナー』クランクアップ直前KBSドラマ『サム、マイウェイ』の男性主人公にキャスティングされた。

早い復帰作だった『サム、マイウェイ』は開始時5%の低調な視聴率でスタートしたが、これも逆走行に成功し、最高視聴率13.8%まで上昇し、2016年下半期から始まっていたKBS月火ドラマの低迷期を破り、同時間帯1位の視聴率をもたらした。’韓国PDの対象’でドラマ作品部門受賞、54回百想芸術大賞作品賞部門、13回ソウルドラマアワードコメディ部門にノミネートされたぐらい作品の評価も高いほうだ。 特に刺激的な事件が横行するジャンルがなく、韓国ドラマの知れた財閥とシンデレラ物語から脱皮したこの時代青春たちの愛と成長を扱ったという面を最も好評した。

熱い夏の日。 相次ぐジャンル数に疲れた視聴者たちの前に青春とラブコメを掲げて現れた『サム、マイウェイ』。 そのありふれた財閥。 身の毛のよだつ悪役一つなかったが、『サム、マイウェイ』というタイトル通りにマイウェイを歩いた。

このドラマは前が見えず息苦しい若い青春たちの応援のメッセージを送る作品で良い評価を受けた。 主人公の四人は、普通ドラマに出てくる華やかでも、素敵な主人公たちではなく、毎日大変な時間を過ごしている私、私の友達、私の職場の同僚の姿と一つも異なることなしに親しく見える。 そしてそんな彼らが 厳しい現実の中で大きな勇気を出して長く抱いた夢に向かって走り出す。 彼らは不器用ですが、素直でそのものだけでも光が出る。
<ソウルドラマアワード(SDA)審査評価>

ここでパク・ソジュンは愛しい男友達であり、最高の格闘技選手という役で出演しており、アクションと甘辛いロマンス演技を同時に見せてくれた。 特にパートナー「キムジウォン」との甘辛いロマンス場面は、みんな話題を集め、「ラブコメブルドーザー」というあだ名を得ることもあった。彼だけでなく、さらに深まった感情演技で好評を博し、14話のエンディングシーンは多少無理な展開にもかかわらず素晴らしい演技を見せてくれた。

『サム、マイウェイ』が終映された後すぐに夏から映画の『ミッドナイト・ランナー』が上映された。予定通りなら5月に封切られなければならなかったが、配給社であるロッテの他の作品『神と共に』の後半作業が遅延され、熾烈な夏の市場に席を移すようになった。公開前の2017年夏のオンシーズンの封切り映画の中で最も、最弱体と呼ばれたが、主演俳優たちの熱演や熱のこもったメディア広報、封切られる前に示唆および舞台挨拶で口コミを出すことに成功して損益分岐点200万人を超えた565万人の観客数を記録した。事実、映画はとても重いテーマを軽く扱ったという点で作品性を認められなかったんですが、パク・ソジュンと カン・ハヌルとコンビで全てを遮断したという評価が大半だ。 パク・ソジュンは、この映画を通じて一度もっと多くの映画祭の新人賞候補にノミネートされ、その中で大鐘賞映画祭、韓国映画評論家協会賞、今年の映画賞で新人男優賞を受け、忠武路(チュンムロ、韓国の映画系)のホープとして浮上した。

欲かは分からないが、私がしている演技を多くの方が見てくれることほどの喜びはないと思います。これからも一生懸命に演技して良い演技で多くの方々から選ばれる俳優になるようにします。

<今年の映画賞新人賞受賞の感想>

2018

ポイント

2018、消費者が選ぶ最高の広告モデル1位
韓国放送広告振興公社選定

2018年、パク・ソジュンは芸能まで活動領域を拡張しており、これを手がかりに今年一年、親しみやすくて誠実なイメージまで得ながら、より大きな大衆的人気を得るようになった。

2017年の年末、人気芸能番組『ユン食堂』の新しいバイトに抜擢された。放映2回でtvNのテレビ歴代最高の視聴率を更新しており、最高視聴率16% を達成した。パク・ソジュンは強い体力と温和な性格、しっかりしたメンタルそしてビジュアルまで熱く働く姿でドラマや映画で見せてくれた姿とはまた違う魅力を披露して大きな愛を受けた。

そのうち最も愛されたのは、徹底した準備性だったが、短期速成に習ったスペイン語をよく駆使する姿を披露し、『ユン食堂』において、なくてはならない存在だとの評価された。 このおかげで多数の広告モデルに抜擢された。芸能だけでなく、本業の俳優としても最高の成果を出した一年でもあった。

3月『ユン食堂』終了以降、一瞬の空白からtvN水木ドラマ 『キム秘書はいったい、なぜ?』の主人公イ・ヨンジュン役を熱演した。 財力、顔、すべてを備えたが、自己愛で凝り固まったナルシスト財閥2世を完璧に補佐して来た秘書とのロマンスを描いたドラマであり、5.7%の高い視聴率に出発し、最高視聴率8.7%の良い成果を得た。また韓国ギャラップ、韓国人が好きな番組に二ヵ月連続チャートした。2018年の番組としては唯一、今年の検索語にチャートのするなど、目に見える成果も良い。

その中で、パク・ソジュン個人にとって、もっとも話題になったのは自己愛溢れる大使。”ヨンジュンこそこいつ”そしてシグネチャーポーズ ”アウラ!” もすれば、こっ恥ずかしい役もよく生かせたという好評を受けた。これを通じて2017年の今年を輝かせたタレント12位 [ドラマ専門家25人アンケート]今年の俳優2位 など複数のアンケートに名を連ねた。

『キム秘書はいったい、なぜ?』の場合、2018、グーグルの今年の人気検索語 台湾、シンガポール、フィリピンのチャートに出たほど海外反応も良い方だ。 ま2016年、韓国の芸能人は見られなかったコスモビューティー・アワードにも招かれ、受賞しており、2018年韓国観光の星観光の貢献者分野の功労者部門を受賞した。 新しい韓流スターとして急浮上していることを示す部分。

2019

私はまだ私の器がどの程度なのかわかりません。それをずっと試験する段階であるようです。いつか決まるだろうが、すぐではないそうです。可能性があると思います。
エスカイア<ソジュン>

2018年8月14日映画『ディヴァイン・フューリー』の撮影が始まった。 2017年興行突風を起こした『ミッドナイト・ランナー』のキム・ジュファン監督との再会で、父を失った傷を持つ格闘技チャンピオン、ヨンフがアンシンブに会い、ともに強力な悪に立ち向かう話だ。これまでロマンスが主流だった作品を主に選択してきたが、オカルトという風変わりな選択でファンと大衆の期待感を高めた。

Q。ロコ(ラブコメ)・職人というニックネームを持っているほどロコと言えば思い浮かぶ役者になった。 イメージチェンジをするまで、毎回悩みが大きいようですが。

A。今まで作品選択をしながら、私はいつも他のことをしていきたいと思うんです。ドラマのような場合には、今はジャンル数が本当にたくさんあるが、私が演技を始めた時は、ドラマの大半のジャンルはメロドラマである場合が多かったです。 ならばいっそ、きちんとロコをしたほうがいいんじゃないかと思って選択したようです。 ただ、ロコをしてもキャラクターはいつも違わなければならないと思いました。それで、作品の選択をする時もキャラクター中心に多く見ました。映画のような場合はジャンル数がたくさんあって挑戦して見られるものなどがあって、自然に選んだようです。 個人的には新しい姿をお見せするために努力してきたようです。 それで新しい人物を探そうと思いました。

Q。ドラマでは主にロマンチックコメディージャンルで活躍した。 他のジャンルに向けた欲があったのか。

A。ロマンチックコメディーを味方にしたが、いつも作品を選択する基準は’キャラクター’だった。 その次に話を見ている。 それでロマンチックコメディーを継続したが、他の役割を担ってきたと思った。 でもなんでも同じジャンルで演技したため、視聴者たちが’また、パク・ソジュンか’として浮上するイメージはあるようだ。 他のジャンルを通じて、新しい顔を見せることができるという気がし、自ら好奇心も生じて挑戦することになった。

2020

世界を凝縮しているような梨泰院で各自の価値観で自由を追うの創業神話を描いたドラマ『梨泰院クラス』に出演した。不義に妥協しない直進青年パクセロイ役を務め、収まらない憤りを抱えて入ったした梨泰院で新たな挑戦を開始すると同時に、料理業界の大企業’長家 チャンガ’に向けた不屈の反撃で痛快な演技をプレゼントした。

パクセロイは所信を守りながら毎瞬努力する愚直な人物だ。 原作を見た多くの人々の人生のキャラクターに選ばれるため、負担も大きいが、それほど魅力的な人物と挑戦してみたかった。『梨泰院クラス』に登場する多様なキャラクターの挑戦と成長は視聴者の皆さんにも多くの共感と応援を得られるだろうと期待する。 良いドラマとして記憶されるように一生懸命に準備する。

1話から5.0の高い視聴率で始めて毎回最高視聴率を記録し、最終回視聴率が16.5で歴代JTBCドラマの中三番目に高い視聴率を記録し、ドラマは大成功。

また、イビョンホン監督の新作『ドリーム(仮題)』に主人公ユンホンデ役にキャスティングされ、撮影を控えている。選手生活最大の危機に置かれたサッカー選手ホンデと生まれて初めてボールを握った特別国家代表選手たちのホームレスワールドカップ挑戦を描いた愉快なドラマで、急造されたサッカー代表チームの監督を務め、見せてくれる多様な感情と人物の成長過程が観戦ポイント。ドラマだけでなく、映画でも主演として作品を導き、自分の領域を次第に広げて行っている。

パクソジュンのインタビュー

私の顔がいいと考える理由は、一つある。 私は二重まぶたが濃いこともなく、鼻もとがったものもなく、角張った顔もない。 色が感じられる顔がないと思う。 前にはのっぺらぼうな顔が私の短所だと思った。 これからは、この薄い顔がさらに多くの役割を盛り込むことができると思う。 これからどんな役でも自然に写す演技者になったらいいね。 その分、自分がもっと努力をしなければならないが。

Q.いくら良い作品に優れた演技をしたとしても悪質なレスから自由でことはできないだろう。

A.普段からそんなこともあるので考えを開けておいた方だ。 演技あるいは私に向けた個人的な評価がいつも良い時期はないからだ。 私の残念な部分に対する指摘が論理的に納得されれば、喜んで納得して改善しようとしている。 ただし、盲目的な非難まで収容することは大変だ。 (笑)

Q. 仕事に関しては完璧主義とみられる。

A. 誰でもそうではないだろうか。 事実、そうするしかない。 私たちはいつも誰かの評価基準の上に掲載されている人だから。 自分だけのため生きるとすれば小劇場でそのまま独白すればいい。 もちろん、他人の評価を多く気を使う方ではない。 しかし、うまくやりたいという欲は当然のことで、欲を出してこそ次の作品もよくできる。

私が回ってきた全ての状況をもう一度しろ、と言われたら出来ないんです。 いつもその瞬間に最善を尽くしたのに。それで今がとても良いようです。だからといって’今の状態で止まってほしい’これはありません。 以前は演技する時もできるように熾烈に自らストレスを与えしました。 今も、もちろんプレッシャーを受けるが、たくさん楽しみながらやれるようです。 また、若さは金で買えないそうじゃないですか。 今がちょうどいいです。

皆さんが私を好きでいてくれるだけに、皆さんも誰かからそれだけの愛を受けているということを忘れないでください。 皆さんも確かに誰かのロールモデルになるだろうから。

まわりからのパクソジュンは?

キム・ジュファン監督『ミッドナイト・ランナー』

Q. パク・ソジュンを念頭に置いて、シナリオを書いたと聞いた。 理由は?
A. 前作[コアラ]の試写会でパク・ソジュンを初めて見た。 私の映画を良く見たと言っていた。 価値観が全部合った時’良く見た’と言いましたが、少なくともパク・ソジュンと、そのようなコードが通じたようだった。 以降、パク・ソジュンの作品を見守りながら、1年程度シナリオを書いた。 劇中の力も強く、心も暖かい人物が必要だったが、パク・ソジュンがぴったりだった。 今回の撮影が終わって編集をしながらも自分の選択が当たったということを感じた。 ヌワル的要素がある次期作を考えてるけど、画面の中のパク・ソジュンの目つきを見て似合わないかと考えた。

Q. パク・ソジュンを置いて”長男のようだ”と言った。
A. そうだ。 パク・ソジュンは大人だ。大人。 人の世話をし能力がすばらしい。 本人が現場で敏感に接するなら、スタッフらの疲労度が一度に示されるということはよくわかって我慢した。 大変という言葉が首まで上がった瞬間にも先に現場を率いて、率先している。 ありがたさしかない。

Q. 第一印象について話をしてみよう。 親しくなった後、考えが変わったのか?
A. ソジュンさんは背がとても大きいから私が見上げなければならなかったのに、映画が終わってからキー以外に他の理由のために見上げになった。 あまりにも演技が上手で人間そのものも本当に立派だ。

ボン・ジュンホ監督『パラサイト 半地下の家族』

ミニョクというキャラクターが若干別世界から来た人物のようではないか。 ‘ギウ’の階層別の仲良しだが、’ギウ’には’ミニョク’を度々真似しようとする強迫があったはずだ。 何よりも、初めにちょっと出て、それ以降出ないんですけど、登場はしなくても存在が記憶されなければならないので、パク・ソジュンのようにそのもののオーラがある俳優が必要だった。 実際にチェウシクがパク・ソジュンと有名になる前から古い親友だった。 二人が楽な仲だとみると、そこから来る自然な呼吸が良かった。

パク・ジュンファ監督『キム秘書はいったい、なぜ?』

パク・ソジュンは生活感ある演技がうまい。 そのために、現実にないような李英俊(イ・ヨンジュン)というキャラクターがパク・ソジュンにとってどこかで暮らしていそうなキャラクターとして誕生する。 また、生活演技に劣らず自然なコミック演技も上手な俳優だ。 外見的に見た時も、パク・ソジュンの顔には素敵さと可愛さ、若干シックなことをすることなどイ・ヨンジュンの魅力のすべてが盛り込まれている。 ヨンジュンのコミックな部分も、知らぬ顔で、自然に演技して驚いている。 イ・ヨンジュン役にはパク・ソジュンのほかに他の人のキャスティングは想像できないほどキャラクターとよく合う。 パク・ソジュンをキャスティングできたのが幸運だと思う。

ドラマの中でヨンジュンが、スマイルが転じていく姿を見るシーンがあるが、その瞬間、パク・ソジュンの目つきが大好きだったよ。 ‘君の目つきが良すぎる’と言ったら、’監督、その恋愛目つきがとってもいい’と言っていた。 ‘あ、パク・ソジュンとメロドラマを、必ずやってみなきゃ’だと思った。 パク・ソジュンのディテールな感情がとてもよい。

チョン・ギョンユン(小説作家)『キム秘書はいったい、なぜ?』

パク・ソジュンを初めて見た時、’人じゃないんだ’と思った。”事実(パク・ソジュンに)会って見る前までは。うちの息子がパク・ソジュンさんのように育って欲しかったが、実際に見てからは’君は駄目だね。’冷静に考えました”という言葉でパク・ソジュンが明白なペルソナであることを明らかにした。 もし自分の作品がまた、ドラマに制作されたら’キム秘書がなぜだろうか’の英俊を完璧に消化したパク・ソジュンが主人公を務めてほしいという願いを明らかにしたこともある。

アン・ソンギ『ディヴァイン・フューリー』

Q. パク・ソジュンさんを一言で定義するなら?
A. 若干の魅力の固まり。 だから、雰囲気も不思議なものです。 時にはクールなようですが、時には子どもらしくて.. そんな魅力が、想像できない固定されていない魅力が多くある俳優です。

カン・キヨン『キム秘書はいったい、なぜ?』

ギャグ感が上手な友達とコードがよく合います。 一緒に演技する時に反応してくれるジェスチャーが大好きです。 私は演技をして、’相手を本当に面白くみよう。 笑わせてNGを出そう! ‘とするマインドがあるんですよ。 そうしてこそ視聴者たちもたくさん面白がってくれました。

カンホンソク『キム秘書はいったい、なぜ?』

ソジュンさんは撮影現場で、仲間の俳優たちが思う存分遊べることができるように配慮している。 撮影場の雰囲気も浮かせてくれて、きっと前日、何時間も寝られなかったはずなのにいつも明るい。

カン・ハヌル 『ミッドナイト・ランナー』

パク・ソジュンお兄さんの大きな長所があります。 周辺の親しい友達にも自慢したんですよ。 親しい友達もみんな演技をしていたり、志望していて兄に対する疑問が大きいですね。 兄について発見した最も大きな長所は本当に格好いいということです。 ソジュン兄さんはすごく自信感が大きい素敵な人です。 監督がある場面を急に変更したことがあるんです。 ところがもともと知っていたかのように表現しました。 そのような面で一緒に演技する私も兄を信じて気楽に演技することができました。

キムジウォン『サム、マイウェイ』

パク・ソジュンは一緒に演技する立場で最高のパートナーであり、ありがたいの同僚だ。 最善を尽くして「トンマン」キャラクターを作ってくれて「エラ」がきれいに見えた。 格闘技選手の役割が決して簡単ではなかったはずの顔をひそめるのを見たことがない。 現場ではムードメーカーだった。 いつも現場の人達を配慮してくれた。 最初、私が泣かなければならないシーンが多く、たまに時間がかかるが、隣で黙って見守ってくれて涙が出る時もあった。 いつも配慮してくれてありがたかった。 また、アイデアが深い演技者だ。 撮影し、パク・ソジュンのアイデアのために面白いシーンがたくさん出て学ぶ点が多かった。

パクソジュンがアイデアを多く出してわくわくするシーンでは、もっとどきどきして、面白い場面でもっと笑えました。 ソジュンお兄さんが配慮してくれました。 いたずらをすることは好きだが、演技するときはとても真剣です。 多くの方がどうして、パク・ソジュンを好きなのか知りました。

ファン・ジョンウム『彼女はキレイだった』『キルミーヒルミー』

ソジュンとはとてもよく合う。 演技する時にいろいろな面白さがある。 私があえて演技について言うことではないが、私の同じ年齢の中でとてもうまいという考えをたくさんした。 演技しながら本当に感謝した。 演技する味がして面白かった。 パク・ソジュンが終わって”ヌナ、 私の不足な部分を満たしてくれてありがとう”と言ったけど、私も同じだった。 私ができない部分を(パク・ソジュンが)満たしてくれた。 パク・ソジュンは顔色も早くてセンスもある。 ありがたい友達だ。 よく付いてきてくれて信じてくれて、現場の雰囲気を明るくしてくれた。

ソン・ヒョンジュ『悪のクロニクル』、『梨泰院クラス』

私たちは小さい時のような姿を見た。 先輩の後に行って待って、現場で散漫ず、重みに自分の地位を守っている姿だった。 これから’40年は俳優をやる、ワールドスターになる’と思った。

マ・ドンソク『悪のクロニクル』

今作で初めて会ったんだけど’私がソジュンの年齢の時、果たしてソジュンのように懸命で賢かったか’と思いました。 気さくで性格も良くて謙遜で学ぼうと努力している人です。 監督が難しい部分のディテールを要求しましたが、他の人たちが見る時は、こっそり自然に渡っている部分も非常に合わせながらしました。 極度に自然にするには何でも悩みの過程の末に出るじゃないですか。 演技をしながらとても仲良くなって実際にも、とても気楽に撮影を終えました。

パクソジュンの友達

パクソジュンの友達

歌手 ピクボイ、チェウシク、V

熱愛説

ペクジニ

パクソジュンとパクジニ

2人は2013年に放送したMBC週末ドラマ『金よ出て来い☆コンコン』で世間知らずの夫婦として出演し、縁を結んだ後、実際の恋人に発展した。 5日、ある芸能関係者によると、パク・ソジュンとペク・ジニが恋人に発展して2年目に入ったという。 昨年7月に交際説が出たとき、二人は所属事務所を通じて「親しい先輩後輩」と恋人同士を否定した。 しかし、これは事実でないことが分かった。

パクミニョン

パクソジュンとパクミニョン

公式には触れなかったものの、ファンが見つけた証拠で確実な疑惑と判断される2人

飼う犬

飼う犬

同伴旅行説

二人はほぼ同じ時期に同じ場所を旅行したことが知れ、同伴旅行説が提起されました。

同伴旅行説-01

2016年9月10日、パク・ソジュンがカリフォルニアにあるインアンドアウトで撮った写真をアップしてから5日後にパク・ミニョンもカリフォルニアにいる写真をアップしました。

同伴旅行説-02

2017年3月18日、パク・ミニョンさんが 日本のフラワーマーケットで撮った写真を 掲載した2日後、パク・ソジュンさんも in japanという文を載せました。

『パク・ソジュン』出演作品

出典はパクソジュンWikipedia

出演映画

出演ドラマ

バラエティ

  • ユン食堂 シーズン2

受賞歴

2013年

  • 第6回コリア・ドラマ・アワーズ:男性新人賞(金よ出てこい✩コンコン)

2014年

  • SBS演技大賞:ニュースター賞(温かい一言)
  • 第12回ヘラルド東亜ライフスタイルアワード:ベストスタイル賞

2015年

  • ファッショニスタ・アワーズ:TVファッション部門(彼女はキレイだった)
  • MBC演技大賞:ミニシリーズ部門 男性優秀演技賞、10大スター賞、男性ネチズン人気賞(キルミーヒールミー/彼女はキレイだった)
  • MBC演技大賞:ベストカップル賞(キルミーヒールミー)
  • 第36回青龍映画賞:人気スター賞(悪のクロニクル)

2017年

  • 第54回大鐘賞:新人男優賞(ミッドナイト・ランナー)
  • 第37回韓国映画評論家協会賞:新人男優賞(ミッドナイト・ランナー)
  • 第6回韓国映画俳優協会 スターの夜授賞式:韓国映画人気スター賞(ミッドナイト・ランナー)
  • 第2回アジア・アーティスト・アワーズ:俳優部門 ベストスター賞、ファビュラス賞(サム、マイウェイ)
  • KBS演技大賞:ミニシリーズ部門 男性優秀演技賞、ネチズン賞、ベストカップル賞(サム、マイウェイ)

2018年

  • 第9回今年の映画賞:新人男優賞(ミッドナイト・ランナー)
  • 第13回ソウル・ドラマ・アワーズ:韓流ドラマ男性演技者賞(サム、マイウェイ)
  • 第6回アジア太平洋スターアワーズ:中編ドラマ部門 男性最優秀演技賞(キム秘書はいったい、なぜ?)
  • コスモ・ビューティー・アワーズ:今年の輝く美しい偶像賞
  • 第8回韓国観光の星授賞式:観光貢献者分野 功労者部門

2019年

  • 第13回アジア・フィルム・アワード:AFAライジングスター賞(キム秘書はいったい、なぜ?)

パクソジュンの情報

  • 幼い頃とても裕福な生活をしたものの、父の事業が失敗し10坪余りの小さい家に引っ越したという。 この時のつらい経験が自分に人生の原動力になったという。
  • 幼い時の夢は、 野球選手だった。 体格がもっと良い弟たちが 野球を始めるようになると、 本人は 父の反対に夢をあきらめたという。 現在は 芸能人野球団所属で自ら野球も楽しむ。 野球が好きだけど、韓国チームの中で特に応援するチームはないと明らかにした。
  • 三人兄弟の長男だ。 三歳、八歳差の弟が二人がいる。 家では愛嬌なく、無愛想な息子だと。 パク・ソジュン本人も背が高いほうだが、弟たちよりは小さいという。 放送で弟たちの写真を公開している。
  • ソウル芸術大学 に進学した後、1学期だけで早くも現役で入隊して、(2008年7月7日)服務を終え軍畢を習う。演技をしたいがうまくいかず、まずは軍隊を終えようという心で行ってきたと。 基礎訓練を終えて派遣されて 矯正施設警備矯導隊 所属で清州(チョンジュ)刑務所で 軍服務をした。
  • サッカー選手 、ソンフンミンと親交がある。 、ソンフンミンが撮ったドキュメンタリーに出たことがあり、直筆サインのユニホームまでプレゼントされるなど、かなり親しい間柄だという。 また、野球オタクでもあり、 サッカーオタクでもある。
  • 昔の所属会社である キーイースト とは キムスヒョン のマネージャーとの縁で契約を結ぶようになったという。 自分が人気を集めるようになった後も、自分が先に再契約を提案するなど、所属事務所が自分に期待に及ばない時、自分を待ってくれたことに感謝の気持ちを持っているようだ。
  • 同年代俳優たちの間でも非常に印象的なフィルモグラフィーを持っており、演技スペクトルも広い。
  • ベクスンホ選手と似た格好でもあり、実際に親交がある。 インスタグラムはフォロー中。
  • sistarとも仲良い方。ユンボラとは一緒にミュージックバンクの進行を任されたことがあり、ダソムとは のシチュエーション・コメディーを一緒にしたことがある。 また、ヒョリンとはまた、 ドラマで共演をしたことがある。 彼が出演した『彼女はキレイだった』OSTの「知らないみたいだ」はソユが歌った。 また、ソユ ✕ チョンギコのミュージックバンク1位の公約とともにsomeの舞台を飾ったこともある。
  • 『花郎』で共演したパクヒョンシク、Vと親しい間柄だっだ。一緒旅行も行って、撮影現場に差し入れ車を送ってくれた。Vは、似たような時期にドラマ撮影をしたパク・ヒョンシクとパク・ソジュンに差し入れ車を送ってくれたのに、二人とも変顔写真を大きく賭けておいてインスタで二人がVに復讐するといった。
  • 恋愛は普通の人たちがしている分してきたと某放送番組で言及したことがある。
  • 2018年1月に放送している ユン食堂2 で友達 クリスティアン・ブルゴス に短期速成に習った スペイン語 をよく駆使する姿を見せた。
  • 前髪を下した姿と上げた姿の雰囲気の差が非常に大きい方だ。 ファンは上ジュン/下ジュンと呼ぶ。パク・ソジュン本人は衣装交代する時に便利に上げた髪を支持している。
  • 2016年からペット 、ビションフリーゼの「シンバ」を育てている。2016年12月、インスタグラムに最近の職業は犬のお父さんというコメントとともに初めて紹介し、シンバの写真や一緒に撮った自撮りの写真などを持続的にアップデートし、近況を知らせている。シンバはパク・ソジュンの2018年カレンダーの撮影にも参加した。
  • 一番好きな俳優は 、レオナルド・ディカプリオと言及している。
  • ミントチョコは嫌いだ。
  • 江原道の山火事の被害復旧や被災者に向けて希望ブリッジの全国災害救護協会に1億ウォンを寄付した。 本名であるパクヨンギュとして寄付をしたため、協会の関係者らも寄付事実を知らなかったが、高額入金者たちを確認したところ、一歩遅れて把握して知られるようになった。
  • コロナウイルス感染者が増えた 大邱広域市に1億ウォンを寄付した。

パクソジュンのPLAY LIST

<Reading a Book>

1. Roy Ayers – Everybody Loves The Sunshine
2. Pages – If I Saw You Again
3. Infinite Bisous – Lost In Translation
4. Parcels – Tide up right now
5. George Shearing – I Could Write A Book
6. Issac Hayes – Walk On By
7. Gary McFarland – Moment of Truth
8. Donal Byrd – Wind Parade

<Drinking Alone>

1. Toro y Moi – Girl Like You
2. Esther Phillips – Alone Again (Naturally)
3. Blue Magic – Sit Alone Again
4. Phyllis Hyman – What You Wan’t Do For Love
5. Noel Pointer – Classy Lady
6. Jerry Butler – When You’re Alone
7. Cold Play – Fix You
8. Leon Ware – Rockin’ You Eternally

<Driving at Night>

1. Bobbi Humphrey – Harlem River Drive
2. David Bowie – Drive In Saturday
3. Prince – Little Red Corvette
4. kanye West – Drive Slow
5. Doors – Moonlight Drive
6. The Beatles – Drive My Car
7. The Chemical brothers – Wide Open
8. BADBADNOTGOOD – Can’t Leave The Night

< Running In The Morning >

1. Chic – My Feet Keep Dancing
2. Sly & The Family Stone – Running Away
3. The Avalanches – Because I’m Me
4. Baby Huey – Running
5. Bruno Mars – That’s what I like
6. Tame Impala – The Moment
7. Jay Richford & Gary Stevan – Running Fast
8. Jamie XX – Gosh

 

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。 ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。 仕事上がりでも、 「アニメ1クール(11~13話)」 「韓ドラ4~6話」 「映画2~3作」程度は 一日中で見るのが同然。

-俳優

© 2020 韓ドラコイ