ソガンジュンサムネイル

俳優

俳優『ソ・ガンジュン』デビューからおすすめ作品まで完全プロフィール!

プロフィール
名前 ソ・ガンジュン(徐康俊 Seo Kang Jun)
生年月日 1993年10月12日
出身 大韓民国 京畿道 軍浦市
身長 183㎝ 70㎏
血液型 AB型
学歴 東ソウル大学校
事務所 Man of creation
SNS instagram

ソ・ガンジュン 概要

大韓民国の俳優。

2013年9月、「放課後サプライズ」(ウェブドラマ)でデビューを果たした。

『ソ・ガンジュン』作品リスト

ソ・ガンジュン の出演作品を紹介します。

『ソ・ガンジュン』出演ドラマリスト

2013年・・・放課後サプライズ、怪しい家政婦、グッド・ドクター、ハヌル峠殺人事件 禁じられた愛~ハルジェヌの夕暮れ~

2014年・・・ずる賢いバツイチの恋、家族なのにどうして

2015年・・・華政

2016年・・・恋はチーズ・イン・ザ・トラップ、アントラージュ、タンタラ~君を感じてる~

2018年・・・君はロボット、第3の魅力

2019年・・・WATCHER

2020年・・・天気が良ければ伺います

『ソ・ガンジュン』出演映画のリスト

2014年・・・私の愛、私の花嫁

2015年・・・ビューティー・インサイド、ごめん,愛してる,ありがとう

ソ・ガンジュン デビュー

学生時代、何かを始めなければならないと思い、モデルエージェンシーに登録。ファッションショーのオーディションで4度落ちながらも粘り強さと根気で努力した結果、高校3年生の時に2011 Fソウルファッションウィークランウェイに立つことができた。

その後、毎日深夜にに映画1、2本を見て寝る習慣のおかげで演技に興味を持ち、アルバイトで稼いだお金で演技教室に通い、本格的に俳優の夢を見るようになったという。

演技教室の先生の勧めで「fantagio」(韓国芸能事務所)のオーディションの機会を得て、2012年6月にfantagioが主催した新人俳優オーディション「アクターズリーグ」に合格し、練習生生活を経て俳優グループの「5URPRISE」に所属することになった。

fantagioとの専属契約が満了した後も、デビューの時から一緒に活動してきたマネージャーが設立した新生企画会社「Man of creation」と専属契約を結んだ。

ソ・ガンジュン 俳優活動

ソ・ガンジュンは2013年のKBSドラマ「グッド・ドクター」で脇役として出演。同年9月2日に放送されたウェブドラマ「放課後サプライズ」で俳優として正式デビューした。

同じグループのメンバーであるカン・テオ、コンミョン、ユ・イル、イ・テファンと女優キム・ソウンと共演した。

ソガンジュン

その後、放送されたSBSドラマ「怪しい家政婦」でカリスマロックバンドリーダーのチェ・スヒョク役を皮切りに、「ハヌル峠殺人事件」では義母の情分と禁断の恋に落ちた青年チョン・ユンナ役を演じ、劇中のムン・ソリとの年齢差を縮める切ないラブストーリーを完璧に演じた。そこで初めて俳優ソ・ガンジュンという名を世間に広めた。

ソガンジュン2

2016年1月に初放送されたドラマ「チーズ・イン・ザ・トラップ」ペク・インホ役を演じた。がさついた反抗期のキャラクターとしてさらに顔と名前を広め、演技的にも最も褒められた作品となった。

ソガンジュン3

公式な情報から、「ハヌル峠殺人事件」と「チーズ・イン・ザ・トラップ」は製作陣側から先に提議があった作品。

製作発表会では、同い年の俳優に比べて老眼という話が出たが、自らが強みだと挙げた。 理由は「多くの役割を担うことができる広いスペクトルを持っているためだ」と話した。

ソ・ガンジュン 5URPRISE

「5URPRISE」は結成当時の芸能事務所「fantagio」所属のソ・ガンジュン、コンミョン、カン・テオ、イ・テファン、ユ・イルで構成されたグループ。

俳優として所属する「俳優グループ」だが、アルバム活動も並行しておりエンターテイナーとしての様々な面を見せてくれる。 日本、中国、ベトナムをはじめとする海外へ活動範囲を広げ、グループメンバーが出演したドラマのOSTを皮切りとして2014年11月18日正式シングルを発売した。

2020年3月31日付けでfantagioとの契約が満了し、公明は4月1日付けで「Man of creation」所属としてデビュー前から共にしてきたマネジメント本部長と共に新たなスタートを切ることになる。

ソガンジュン4

ソ・ガンジュン 余談

・本名は「イ・スンファン」 芸名は当時、同じ所属会社の俳優ハ・ジョンウのマネージャーの名前から取ったものだという。

・日本の俳優「坂口健太郎」に似ていると日韓ともに有名。

ソガンジュン5

・2016年3月、某番組で「辛い食べ物は食べられない」と語った。 食べるとストレスになるという。6月にはラジオで「日差しを浴びると力が抜ける体質で、照明に弱い」ことが判明した。 そのため、普段は家が好きとのこと。 瞳の色からメラニン色素が不足している体質なのかもしれない。

ソガンジュン6

ソ・ガンジュン おすすめ作品

ソ・ガンジュンの魅力が楽しめるおすすめ作品をランキング形式で紹介します!

第1位 ドラマ「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」

韓国のウェブ漫画をドラマ化し、話題を集めたドラマです。この作品でソ・ガンジュンは夢のないニート生活を送る悩める男性を演じています。少しやさぐれた役柄であり、正統派なソ・ガンジュンのイメージを見事に変え演技力も光っていました。過去の出来事を通し、大切な女性を守る姿は男らしく素敵でかっこいいシーンは見どころです!

ソガンジュンスクショ

第2位 ドラマ「君はロボット」

ソ・ガンジュンは人間とロボットの1人2役を演じている新しいジャンルのドラマです。1つは性格性悪で有名な御曹司役、もう1つは完璧なAIロボット役であり作中でもギャップを見ることができます。ロボットの場面では、相手が「泣いたら抱きしめる」など愛情も搭載されている。そんなロボットに恋してしまう人間とのもどかしくも温かさのあるラブストーリーです!

ソガンジュンスクショ2

第3位 ドラマ「家族なのにどうして」

韓国で放送当時、視聴率40%を超えた人気ドラマです。この作品でのソ・ガンジュンは元アイドルスターでありながら、レストラン社長として登場します。王子様気取りな一面もありますが、親思いの心優しい男性を演じています。女優ナム・ジヒョン演じるソウルと俳優パク・ヒョンシク演じるダルボンとの三角関係に発展しドキドキが止まりません!男らしい一面も見せてくれます。

ソガンジュン3

 

様々なキャラクターを演じており、演技力も素晴らしいですね。ぜひ見てください!

  • この記事を書いた人

はる

韓国好きになって10年目! 韓国の文化や食べ物、ファッション、旅行も好きです。 K-POPはもちろん、韓ドラ、映画も欠かさずチェックしてます。 ジャンルは問わずなんでも見ます!

-俳優

© 2020 韓ドラコイ