シンソユルサムネイル

俳優

『シン・ソユル』プロフィール

プロフィール
名前 シン・ソユル(申素律 Shin So-yul)
生年月日 1985年 8月5日
出身 大韓民国 ソウル特別市
身長 162㎝ 50㎏
血液型 B型
学歴 国民大学校
事務所 Moment Global
SNS instagram

シン・ソユル 概要

大韓民国の女優。

『シン・ソユル』作品リスト

シン・ソユル の出演作品を紹介します。

『シン・ソユル』出演ドラマリスト

2006年・・・サムデイ、恋人

2010年・・・ジャングルフィッシュ2

2011年・・・マイダス、根の深い木~世宗大王の誓い

2012年・・・応答せよ1997、お母さんが何だって、清潭洞アリス、わが愛しの蝶々夫人

2013年・・・おバカちゃん注意報、ジンジン、私の恋愛のすべて、応答せよ1994、恋愛下手なアラフォーたち、堂々とせよ、ユナの街

2015年・・・甘い秘密、ミセス・コップ、北斗七星、六龍が飛ぶ

2016年・・・これが人生!ケ・セラ・セラ

2017年・・・黒騎士

2018年・・・ロマンスは必然に、とにかくアツく掃除しろ〜恋した彼は潔癖王子!?〜

2019年・・・ビッグイシュー

2020年・・・トレイン

『シン・ソユル』出演映画のリスト

2007年・・・宮女-クンニョ-、私の恋

2009年・・・略奪者たち、ハロー・マイ・ラブ

2010年・・・運命の愛―暴風前夜―、廃家

2011年・・・ちりも積もればロマンス

2012年・・・ジャングル・フィッシュ2-劇場版、マイPSパートナー

2013年・・・逸脱旅行:プライベートアイランド

2014年・・・慶州(キョンジュ)、尚衣院ーサンイウォンー

2016年・・・華麗なるリベンジ

シン・ソユル 詳細

中学生時代までは、女子サッカー選手として活動していたという。高校は中退し、ボランティア団体で演劇をしながら女優の夢を育ててきた。

また、ヒップホップが好きとのことで韓国音楽番組「SHOW ME THE MONEY」へ少し出演したことがある。

無名時代には下着モデルをしていたことがあるが知名度が上がり始めてきた頃に写真が出回ったことがある。シン・ソユルはこれに対し「初広告として大切な記憶なのに、不必要に無断掲示する人が多くて残念」と不満を表したこともある。

シン・ソユル 演技活動

演技に挑む姿勢は素晴らしく、ベッドシーンの撮影では上着をさらりと脱ぎ「私を演奏してみて」という破格的なセリフを披露した。全裸で登場したこともあり「最大限セクシーで派手に撮らなければならない」言っ。シン・ソユルの堂々とした性格もわかる一面だった。

これまでは、活動初期より見せてきた可愛らしい外貌のため、陽気なキャラクターや明るい高校生の役が多かった。そんな中、2012年に公開された映画「マイPSパートナー」に出演。今までとはちがう姿も見せたいと思っていた時に訪れた機会で、本人も自分の代表作の一つに挙げている。

この作品では、あまり期待せずにオーディションを受けたそう。理由は「普段、自分はセクシーさと距離があると思っていたし、強いイメージで作品で露出の多い”スヨン”とは違うから」と。だが見事選ばれるという幸運を得た。コメディ要素からベッドシーンまであった。今回は既存のイメージから脱して最大限セクシーな姿を見せる機会だと思い、撮影前から運動などをしながら徹底的に準備したという。結果的にセクシーなイメージの配役をよく生かしたと好評を受け、ベッドシーンでも身体がきれいに映ったという賛辞まで受け満足した」と話した。

シンソユル2

シン・ソユル 余談

・韓国番組「本物の男」に出演。女性兵士特集の第3期に出演したが、躁うつ病と独特な精神世界に話題を呼んだことがある。しかし、女性でもあり体力がなく練習中に足を引っ張ることもあり、自ら退所してしまったことがある。

童顔、薄めの唇、可愛らしい笑顔、やや個性的な外見など韓国アイドルグループ「クレヨンポップ」のメンバー ソユルと似ていると言われることが多い。偶然にも名前まで「ソユル」で同じなため間違われやすいよう。

・過去に体重が70㎏に迫ることがあったという。 しかし「シン・ソユルが女に見えるか」という男友達の言葉に「妹に見える」と言うのを聞いて、ダイエットを選んだという。耐えられない時はキャベツを食べて結果的には20㎏以上の減量に成功。

・冷麺なしでは1日耐えられないというほど、冷麺に対する愛情が強い。特にピョンヤン冷麺が大好きだとのこと。

猫を2匹飼っている。名前は「モニャン」と「鼻くそ」…?

・2018年3月に俳優キム・ジチョルとの公開熱愛を発表。翌年の12月20日に結婚を発表した。

シンソユル3

  • この記事を書いた人

はる

韓国好きになって10年目! 韓国の文化や食べ物、ファッション、旅行も好きです。 K-POPはもちろん、韓ドラ、映画も欠かさずチェックしてます。 ジャンルは問わずなんでも見ます!

-俳優

© 2020 韓ドラコイ