ソンジヒョサムネイル2

俳優

『ソン・ジヒョ』プロフィール

プロフィール
名前 ソン・ジヒョ(宋智孝 Song Ji Hyo)
生年月日 1981年 8月15日
出身 大韓民国 ソウル特別市
身長 168㎝
血液型 A型
学歴 国際大学校
事務所 Creative Group ING
SNS instagram

ソン・ジヒョ 概要

大韓民国の女優。

『ソン・ジヒョ』作品リスト

ソン・ジヒョ の出演作品を紹介します。

『ソン・ジヒョ』出演ドラマリスト

2006年・・・宮 -Love in Palace-、朱蒙

2011年・・・強力班〜ソウル江南警察署〜、階伯

2013年・・・天命

2014年・・・エマージェンシーカップル

2015年・・・元カノクラブ

2016年・・・アントラージュ、今週,妻が浮気します

2018年・・・ラブリー・スター・ラブリー

2020年・・・私たち、恋してたのかな?

2021年・・・魔女食堂に来てください

『ソン・ジヒョ』出演映画のリスト

2003年・・・狐怪談

2004年・・・サム 〜Some〜

2007年・・・セックス・イズ・ゼロ2

2008年・・・純情漫画、霜花店 運命,その愛

2011年・・・拝啓、愛しています

2012年・・・コードネーム:ジャッカル

2013年・・・新しき世界

2018年・・・風風風、無双の鉄拳

2020年・・・食われる家族

ソン・ジヒョ デビュー

高校生の時からキャスティングの提案を受けていたそうだが、両親の反対があった。大学4年生の時に、カフェでアルバイトをしている時に再度キャスティングされたという。 ある番組で明かしたが、アルバイトをしていたカフェは、デパートの前にある小さなカフェ。次のバイトの人が見つからなかったため、あと1週間だけ手伝ってほしいと言われて行った際にキャスティングされたという。

そして、2001年ファッション雑誌「キキ」でモデルとしてデビュー。同年、2本のミュージックビデオに出演。また2年間で10本以上のCMに出演していた。

ソン・ジヒョ 演技活動

2003年、映画「狐怪談」の出演を引き受け、女優として定着し始めた。

演技の世界へ本格的に飛び込んだきっかけは、映画「約束」を見て深い感銘を受けたからだそう。「私もあんな演技をしてみたい」という心を持つようになったことだったと明かした。

2006年にはドラマ「宮」にミン・ヒョリン役で出演し知名度を上げた。 当時、世間はミン・ヒョリン役としてソン・ジヒョを覚えていたほど印象は大きかったよう。また、キャスティングが公開された時、出演俳優の中でも、最も原作とイメージがシンクロしていると話題になった

ソンジヒョ1

2008年、映画「霜花店」に出演。100億ウォン以上の制作費がかかった映画であり、初の主演を引き受けた。 また、今までは幼いイメージで純粋な配役だけを演じてきたため、この作品でイメージチェンジを図れるチャンスだった。演技力も高く、破格のベッドシーンまで撮影。現在までのソン・ジヒョ主演映画の中で、最高興行作として残っており、ソン・ジヒョの人生を変えた作品に繋がった。

ソンジヒョ2

2016年にはドラマ「今週、妻が浮気します」に出演した。 3組のカップルが登場するが、メインカップルの役割を演じた。相手の俳優はイ・ソンギュン。ドラマの内容的に初めには「浮気女」というイメージがつきそう、女優キャリアの汚点になるほどの良くない役ではないか、と心配される意見が多かった。だがドラマが進むにつれ、ソン・ジヒョ演じるチョン・スヨンがなぜこのような選択をしたのかについて理解できる状況を展開し、役柄をうまくこなしたという高評価を受けた。

ソンジヒョ3

2020年、映画「食われる家族」に出演。新型コロナウイルスの影響で公開が2度も延期されてしまったが、見事公開。コロナ渦で観客数は多くはなかったが、ボックスオフィス1位を記録。また韓国国際文化交流振興院の「2021海外韓流実態調査」で「好きな韓国映画」11位に選定された。「2020年、もう少しほめられるべきだった俳優たち」の中で再発見賞に選ばれ、演技力で高い評価を受けた。

ソンジヒョ4

ソン・ジヒョ 芸能活動

韓国バラエティ番組「ファミリーがやってきた」にゲストとして出演したことがあった。出演時は、だらしない姿で適当に踊っていたダンスが爆発的な反応を呼んだ。この時の活躍で、制作陣や同僚の出演者らに深い印象を残し、この番組の後続作「ランニングマン」でレギュラーとして出演することになった。ランニングマンでの人気のおかげで、バラエティでも活躍できる女優として「芸能クイーン」と言われた。

ソンジヒョ5

ソン・ジヒョ 余談

・バラエティ番組で注目された女優であるにも関わらず、実際は人見知りが激しい性格だという。「ランニングマン」で、何人かのゲストが「ソン・ジヒョと2人きりでいた時、気まず過ぎて死にそうだった」と表現したほどだ。 人には気軽に話しかけないそうで、 きちんと「~さん」という呼称を使う場合がほとんどだという。

運動神経が良く運動が好きとのこと。 ウェイクボードマニアであり、ボードの実力も高い。スキンスキューバの資格も持っている。またボクシングも2ヵ月ほどだが習ったことがあると話した。

・女優の中でもかなり酒が強いそう。ソン・ジヒョの母親の話では酒量が焼酎4本だと言い、本人も認めた。

 

演技はもちろん、バラエティ番組まで活動の幅が広く、魅力的な女優さんです。今後の活動にも期待です!

  • この記事を書いた人

はる

韓国好きになって10年目! 韓国の文化や食べ物、ファッション、旅行も好きです。 K-POPはもちろん、韓ドラ、映画も欠かさずチェックしてます。 ジャンルは問わずなんでも見ます!

-俳優

© 2020 韓ドラコイ