チュノ~推奴~

韓ドラ情報

韓ドラ『チュノ~推奴~』字幕付きの無料動画配信の視聴 、韓国反応や口コミ、感想、など

韓国ドラマ『チュノ~推奴~』

韓国ドラマ『チュノ~推奴~』
  • 原題:추노 (2010)
  • 韓国放送期間:2010.1.6 ~ 2010.3.25
  • 回数:24話
  • 放送局:KBS

ポイント

チャン・ヒョク、オ・ジホがほぼノースタントで挑んだアクションシーンは手に汗握る。追う者と追われる者の追跡劇から、王朝の陰謀につながっていく展開に引き込まれる。

『チュノ~推奴~』 あらすじ

裕福な両班 <ヤンバン:貴族階級> の家に生まれたテギル(チャン・ヒョク)は使用人で奴婢 <ヌヒ:奴隷> のオンニョン(イ・ダヘ)と密かに愛を育んでいた。しかし、奴婢の身分に苦しむオンニョンの兄が屋敷に火を放ち、オンニョンを連れて逃亡する。それから8年が経ち、テギルはオンニョンを捜すうちに奴婢を追う推奴〈チュノ〉になっていた。一方、かつて朝鮮最高の武将と言われたテハ(オ・ジホ)は部下の裏切りにより奴婢に。ある日、丙子胡乱の際に清国に人質として捕えられ苦労を共にした昭顕世子(第1王子)から届いた手紙を見たテハは、昭顕世子の息子ソッキョンを朝廷の陰謀から守るために逃亡奴婢となることを決意。テハはテギルに追われることになるが、同じく逃亡中のテギルの初恋の相手オンニョンはヘウォンと名を変え、テハと行動を共にすることになる・・・。<BS4より>

『チュノ~推奴~』 動画

『チュノ~推奴~』 相関図

『チュノ~推奴~』 相関図

日テレ

『チュノ~推奴~』 キャスト

  • チャン・ヒョク
  • オ・ジホ
  • イ・ダヘ
  • イ・ジョンヒョク
  • コン・ヒョンジン

参考

チャンヒョクのテギル

チャン・ヒョクの人生のキャラクターでもある。 チャン・ヒョクの熱烈な演技のおかげで、それこそその後、チャン・ヒョクと言えば必ず思い浮かべるキャラクターになり、チャン・ヒョクが時代劇に登場すれば、演じるキャラクターもイ・デギルのようだと言われるほど、チャン・ヒョクと相性のいいキャラクターだ。

この役を演じたチャン・ヒョクは、なんと2011年に開かれた第39回国際エミー賞主演男優賞候補に上がったが、受賞できなかった。賞はイギリスドラマ『被告人』の主演であるクリストファー・エクルストンが受賞した。 受賞はできなかったものの、現在まで大韓民国の俳優が国際エミー賞の決選に進出した唯一の事例という点で意義を…。

『チュノ~推奴~』 視聴率

  • 平均視聴率:31.7%
  • 最高視聴率:35.9%

2010年以降に放送されたKBSの水木ドラマのうち、平均視聴率30%以上の作品は、この『推奴』と同じ年に放送した『製パン王キム・タック』だけだ。 『太陽の末裔』の視聴率がこれよりやや低く、ニルソンの平均視聴率首都圏が30.1%で、残りは28-29%だった。この3作品のほか、KBSの水木ドラマのうち平均視聴率が20%を超えた作品はない。

『チュノ~推奴~』 OST

チュノとすればこの曲です。韓国の全国民が知っているOSTです。

『チュノ~推奴~』 感想や評価

韓国ドラマ初の撮影をレッドワンカメラにしてよりダイナミックで華やかな映像を撮り出し、初放送から視聴者の注目を集め話題となった。第1話が始まって5分後に登場したアクションシーンはすぐに世間に語られ、第1話から22%という視聴率を上げて大作に仲間入りし、最終話までかなりのクオリティが維持され、最終話では約36%の視聴率を上げて華麗に幕を閉じた。

終映して10年が経った今でも取りざたされている時代劇として、歴代最高のフュージョン時代劇を挙げるとすれば、常に取り上げられる作品の一つであり、歴代フュージョン時代劇の中でも非常に認知度の高い作品。考証面でも従来の時代劇より充実しているという評価を受けており、主演から助演に至るまで個性が豊かで魅力的なキャラクター像を作り出した点も大きな長所で、本作に出演した大部分の俳優たちの熱演と活躍によって長い間『推奴』すればこの人だと言えるほど相当な人気を集めた。 特に、チャン・ヒョクの場合、イ・デギルのキャラクターを非常にうまく演じ、KBS演技大賞で大賞を受賞した。

しかし、一方では典型的な韓国ドラマのように事前制作が終わった中盤からは展開が以前とは違って伸び、魅力ある人物の蓋然性のない退場が急に続くという批判があった。 また、コン・ヒョンジン側の話とチャン・ヒョク側の話が続かず、ドラマの二つの展開が別々だという批判があり、コン・ヒョンジン側の話は特にもっと展開が長くなり、あまり内容がないという批判を受けた。 このような批判は同一演出陣が製作した今後の作品でも続く。

『チュノ~推奴~』 韓国反応、口コミ

評価

WATCHA PEDIA : 3.8 (7万人)

口コミ
初·中盤のインパクトはまさに歴代最強だが、がんになりそうなオンニョンが逃げ回る時のあのぞろぞろした展開はもどかしかった
口コミ
韓国ドラマの中で最も破格そのものだ。 民衆の人生、斬新なアクションシーン。それに時代劇にラップとラックを入れるなんて、誰も想像できなかっただろう。 テギルの雑草のような人生と純愛はまた見ても涙が出る。
口コミ
さらに、私はうちの子犬の名前を「テギル」とつけてくれた。
口コミ
事前制作さえしてたらドラマの歴史に残る不朽の名作になったのに。。。
口コミ
朝鮮時代の階級問題を最もリアルに扱ったドラマ。

韓国ドラマ『チュノ~推奴~』日本語字幕付き無料動画配信サービス

『チュノ~推奴~』U-NEXTからは見放題として無料視聴できます。無料登録するだけで600ポイントもらえます。無料トライアル期間が終わると毎月1200ポイント入ります。

韓ドラにはU-NEXT

  • 見放題作品数No.1!(2020年8⽉時点)
  • 韓流・アジアドラマ960作品以上を含む。
  • 180,000本以上の映像が⾒放題。
  • 80誌以上が読み放題。
  • スマホやタブレットで⼿軽に読めます。
  • 1,200ポイントを毎月もらえる。翌⽉に持ち越す※
  • 無料トライアル期間中の解約でも大丈夫です!

※最大90日まで持ち越し可能。
※子アカウントでもご利用いただけます。

韓国ドラマはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。 ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。 仕事上がりでも、 「アニメ1クール(11~13話)」 「韓ドラ4~6話」 「映画2~3作」程度は 一日中で見るのが同然。

-韓ドラ情報

© 2020 韓ドラコイ