韓ドラ-タンタラ-サムネイル

韓ドラ情報

韓ドラ『タンタラ~キミを感じてる』キャスト、相関図、あらすじ

概要

タンタラ~キミを感じてる 韓国語タイトル名:딴따라 (2016)

ポイント

「タンタラ」は芸能界に従事している人たちを見下して呼ぶ言葉だ。

しかし、低く見積もって呼ぶことができるだろうか。
私たちの人生の中で他の情緒はないのか。

会食をする時も、家族の集まりがある時も
「歌を一曲歌ってみよう」と盛り上げる。

大変な職場でもラジオなどを通じて音楽をそばに置いている。
人生に興も与えて、悲しみも癒してくれる音楽を提供する人たち。

それもまた激しい産業だ。
そのし烈さの中に「非情さ」と「冷酷さ」があるだろうし、
また、「温情」と「真正性」も共存するだろう。

一人の男は「非情さ」と「冷酷さ」で
追っかけ、業界トップの座まで上り詰める。

そして、再び底に落ちる。
彼がまた頂上に行こうとした時...

これからは「温情」と「真正性」を動力として前進する。

公式PV

相関図&キャスト

相関図

タンタラ 相関図

kntv.jp

キャスト

シン・ソクホ(チ・ソン)

シン・ソクホ(チ・ソン)

ポイント

当代最高の男、女アイドルグループを育てたマイダスの孫。

しかし、人生は一場の夢だった。 一夜にして底でもない、地下の底まで落ちる。

何としてもまた打って上がらなければならない。 いや…正常でなくてもこの地獄のような状況を脱しなければならない。

学んだことが嘘と術数なので、またそのように作戦を練っていく

その嘘と術数の中に大事な縁が入る。 彼もまた少しの喜び。大事な縁は悪縁になりそうだ。

ずいぶん前にねじれてしまった運命を直面することになり、この男に「真正性」という初心が訪れる。

グリン(ヘリ)

グリン(ヘリ)

ポイント

通っていた大学も休学して1日に何個ものアルバイトをしながら忙しく暮らしている。 一人残った弟のハヌルを守らなければならないという責任感だけ一杯だ。

天を大学に行かせて、いい職場に入れるようにし、もしかすると結婚もさせて…。 それがグリーンがすべき当たり前のことだと考えて生きていく。

歌が上手なハヌルが両親の事故で全ての夢を諦めたことが残念でならない。

そんなある日、シン・ソクホというマネージャーがやってくる。 どう見てもやんちゃみたいだ。 ところが、ハヌルは彼をとても信頼しているようだ。

再びバンドを準備しながら少しずつ笑顔を取り戻す空を見ると、それで十分だ。 濡れ衣を着せられ、前科者になった天が再び幸せになれば、何でもできる。

それで決心する。 妹のマネージャーになりたいと。

ハヌル(カン・ミンヒョク)

ハヌル(カン・ミンヒョク)

ポイント

バンドがやりたい高校3年生。 人は自分の声に情緒と通俗があるとほめる。

疾うの昔に兄が死んだ

音楽を愛し、アルバムも出したがっていた兄。 その兄が先に世を去った後、両親は音楽、他の真似に対する敵対感が生まれた。 やりたいことは音楽しかないのに、両親の反対が激しい。

それでもどうしてもやりたい音楽、バンドをやってみようと意地を張り、両親を事故で亡くしてしまう。 それ以来、音楽はハヌルのタブー語になってしまう。

絶望の中で過ごす日中に、ある事件に巻き込まれ、無実の濡れ衣で戦果を得ることになる空。 もう全てはかないので笑う日のない空にとって、とても遠い昔、大切な縁が訪れる。

シン・ソクホ…ハヌルに音楽の翼をつけてくれるのか、もっと絶望に落とすのか。

誰も予想できないことだ。

ヨ・ミンジュ(チェ・ジョンアン)

ヨ・ミンジュ(チェ・ジョンアン)

ポイント

ソクホの旧友。

レコード投資会社の末端職員だった頃、ロードマネージャーだったソクホと知り合った。

いつの間にかミンジュはレコード投資会社の部長になった。 10年余りをソクホの友達として過ごしてきた.

見掛け倒しのオールドミス

知ってみれば家の中もすごい。 ミンジュが財閥家の末娘であることを10年来の友人ソクホも知らない。

視聴率

次回(放映日)
全国
1回(2016.04.20)
6.2%
2回(2016.04.21)
6.6%
3回(2016.04.27)
7.2%
4回(2016.04.28)
8.3%
5回(2016.05.04)
7.4%
6回(2016.05.05)
8.7%
7回(2016.05.11)
7.8%
8回(2016.05.12)
8.6%
9回(2016.05.18)
7.8%
10回(2016.05.19)
7.7%
11回(2016.05.25)
7.5%
12回(2016.05.26)
8.6%
13回(2016.06.01)
8.4%
14回(2016.06.02)
8.1%
15回(2016.06.08)
7.2%
16回(2016.06.09)
7.9%
17回(2016.06.15)
7.5%
18回(2016.06.16)
7.8%

タンタラ あらすじ

韓国最大の歌手エンターテインメント会社であるKTOP取締役で、新生マンゴーエンターテインメントの代表、シン・ソクホの成功ストーリー。

ドラマの始まりはシン・ソクホ(チソン)は誰かが仕掛けた罠にはまり、誰も分かってくれない新生エンターテイメント「マンゴーエンターテイメント」の代表に落ちてしまいます。
ある会社の代表になったシン・ソクホ(チソン)は会社を起こすための計画で、愛情を持つタンタラバンドをメインに育てていきます。

他のバンドのメンバーはチョ・ハヌル(カン・ミンヒョク)、音楽大学出身のギタリスト・カティル(コンミョン)、名門大学出身のドラマー・ソ・ジェフン(エルジョ)、5歳入りのシングルダディベーシストのナ・ヨンス(イ・テソン)で、シン・ソクホ(チソン)は生初代の無名バンド「タッタラ」を育てていく夢を広げます。

ここで生気溌剌としたチョン・グリン(ヘリ)はチョ・ハヌル(カン・ミニョク)の熱血姉で、チョ・ハヌル(カン・ミニョク)のために一日にバイト3つ以上を軽くこなす女主として活躍します。

韓ドラにはU-NEXT

  • 見放題作品数No.1!(2020年8⽉時点)
  • 韓流・アジアドラマ960作品以上を含む。
  • 180,000本以上の映像が⾒放題。
  • 80誌以上が読み放題。
  • スマホやタブレットで⼿軽に読めます。
  • 1,200ポイントを毎月もらえる。翌⽉に持ち越す※
  • 無料トライアル期間中の解約でも大丈夫です!

※最大90日まで持ち越し可能。
※子アカウントでもご利用いただけます。

韓国ドラマはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。 ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。 仕事上がりでも、 「アニメ1クール(11~13話)」 「韓ドラ4~6話」 「映画2~3作」程度は 一日中で見るのが同然。

-韓ドラ情報

© 2020 韓ドラコイ