サムマイウェイ

韓ドラ情報

韓ド『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~』 キャスト、相関図、あらすじ

概要

韓国語タイトル名:쌈 마이웨이

世間では物足りないスペックのため、マイナー人生を強要する現実の中でも、他人が何と言おうと'マイウェイ'に行こうとするマイナーリーグ青春の馬鹿げた成長ロマンスを描いたドラマで、KBS光復特集劇'まなざし'のイ·ナジョンPDが演出を、'ペク·ヒが帰って来た'のイム·サンチュン作家が脚本を担当し、パク·ソジュン、キム·ジウォン、アン·ジェホン、ソン·ハユンなどの青春スターが出演した。

KBSで出た若者層を狙ったロマンチック·コメディー·ジャンルの作品として久しぶりに青春の共感と話題性の面でかなり善戦したドラマ。 各種授賞式で作品賞を受賞するなど、作品性の面でも高い評価を受けた。

特に、本格的なラブライン展開過程に入って、ドラマのテンポがルーズになるタロッコたちとは違って、後半にも随所に瓶の味が散在しているという点が好評だ。 放送当日はリアルタイム検索語にも長く定着しており、NAVER TVクリップヒット数も殆どが数十万台のヒット数を記録するなど、上位圏のヒット数を記録した。 特にキスシーンなどの重要シーンなどは100万ビューを超えた。

参考

"Fight for my way"

世の中が考えるスペックではずいぶん足りない男女がいる。
世の中は彼らに黙って脇役の役割に忠実であれと言う。
しかし、彼らはそれぞれ"一発"を持っており、主人公になって当然だ。

胸の中の火の玉を熱心に冷ましながら生きるのか、
まともに一度ぶちまけてみるつもりか。
その岐路で彼らは言う。

他人が何と言おうと、私たちは私たちの道を行く。
事故を起こしてこそ青春だ。

"冷たい都市男女のクールなロマンス"は、初めからできない熱い地方風ファンタスティック·フォーが繰り広げるクールなロマンス、貞淑な大リーグよりは、けしからんマイナーリーグの成功旗がスーパーマンの印章をワイシャツの中に隠して暮らすあなたの火だるまを起こしてほしい…。

サムマイウェイを始める。

PV サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~

韓国版ポスター

サムマイウェイ ポスター

 

サムマイウェイ キャスト ポスター

 

サム、マイウェイ キャスト

相関図

サムマイウェイ 相関図

出典:公式サイト

キャスト

コ・ドンマン役(パク・ソジュン、子役:チョ·ヨンホ)

サムマイウェイ ゴドンマン

ポイント

年齢 - 29歳(1989年10月17日生まれ)
致命的なファイター 学生時代、テコンドー国家代表を夢見た天方高校のファイター。 明るくて喧嘩も上手で、どこに行ってもスターだったし、彼の人生もその最後の蹴りのようにぐんぐん伸びていくと思っていた。 ところが、トンマンは2007年11月3日、テコンドー国家代表選抜大会の最終戦でたった一度の犯罪(弟の病院費と父親の借金清算のため、金タックスとの試合で八百長に応じた)を犯したため、倒れた。 しかし、ドンマンは憂鬱なルーザーにならず、豪快で単純な天性で生きていく。 人生厳しい中でも興趣とドリップ力を失わない腕白小僧。

作中の主人公。瑞山(ソサン)で暮らした当時に出会ったチェ·エラとペク·ソルヒとは5、6歳ごろから親しくしてきた竹馬の友であり、キム·ジュマンとはチョンバンゴから親友だった。 現在は、ソウル市玉水洞(オクスドン)の安っぽいビラで、親友4人が隣人として一緒に暮らしている。 エラにはいつも意地悪だが、必要な時に支えになってくれた愛憎の彼氏。 しかし、ここ数ヵ月間の過去に対する再発見と多くの登場人物との関係を通じて、自分がアラが好きだということと、彼女もまた自分を好きだったということを悟る。 二人の間に置かれている多くの障害物を乗り越えながら、ドンマンとエという妙なサムからカップル、別れ、そして結婚まで進むことになる。

普通に仕事をしながら暮らしてから格闘技を始めた。 優れた才能とテコンドーの実力をベースに勝ち上がり、結局過去に八百長に関わったキム·タックスと試合をしたが、試合中に不利だったキム·タックスに頭突きされて頭が裂ける怪我を負い、試合は無効と処理され、その後遺症で耳が聞こえにくくなった。

幸いに耳は一時的な脳震醫(しんとう)症状によるものなので、すぐまた聞こえるというが、頭蓋骨に間金がカタツムリ管と近くて、骨が再びくっつくまでその部位にまた負傷を負えば、永久に聞こえないこともあるという。 もともとドンマンが格闘技をして血を流すのを見られなかったアイラは、さらに心配になってドンマンに二度と格闘技をやめてくれと言われ、もしまたやるようになったら自分と別れると言い出すが、キョングがドンマンに良い方に編集してくれた放送、自分に期待をかける弟と父親を見て格闘技をあきらめないという。 そして放送でキム·タックスに再対決を要請する。

キョングが自分を取り上げた放送を確認する過程で、キョングからファン·ボクヒという名前を聞いた彼女が過去の放送でかなり有名人だったと聞いて昔の新聞記事を検索してみる。 そしてそこで過去、自分にキャラメルキャンディーを握らせながら、アラを守ってほしいと頼んだおばさんを思い出した。 トンマンはファン·ボクヒを訪ね、"もう子供というおばさんが守って下さい"と頼んだ。 そしてその夜、結局エラから別れを告げられる。

最終話でエラと別れた状態のため、冷気流が流れる状況。 そんな中、ヘランからこれまでトンマンの軍隊を待っていたのも、ヘランが結婚するのを助けたのも、アラだから捕まえろと言われる。 そして再び金醫洙と再対決が繰り広げられた。 序盤は金タックスに押されているように見えたが、むしろ金タックスに彼の強みであるグラウンド技術をかけて、第1ラウンドで機先を制してしまい、後ろ回し蹴りで第2ラウンドぶりにK.O.させた。 優勝を獲得した後、気まずく痛がるアラはドンマンに"おめでとう"と難しく言い、ドンマンはそのリングの上でアラにプロポーズした。 結婚式の前夜、ファンタスティック·フォーは久しぶりに一緒に屋上で杯を傾けながら一夜を過ごす。 今日、結婚式だと言うエラに"夢を見たのか"という言葉でエラを戸惑わせるが、実はこれはドンマンのいたずらで、結局ハッピーエンドを迎えた。

チェ・エラ役(キム・ジウォン、子役:イ・ハンソ)

サムマイウェイ-チェ・エラ

ポイント

年齢 - 29歳。 (1989年7月1日生まれ)
職業 - 元百貨店インフォデスク職員、現RFCアナウンサー。
猫より子犬のような女。 かつての夢は、ニュースデスクのペク·ジヨン、しかし現実は、デパートのインフォデスクのチェさん。 彼女には学歴、家柄、スペック、男など何一つないが、彼女を知れば誰でも彼女を支持したいし、彼女を知ればどんな敵であれ彼女を恐れるしかない。 幼い時からシンデレラより三国志の張飛を慕っていたエラは、どこでも自分の力で飛び立つ女だ。 男のそばで輝く女ではなく、自ら発狂する女。 自分の人のためなら、いつも歯をむき出す準備ができている、頼もしい女性。

作中メインヒロイン 幼い頃からずっと親友や初恋のドンマンに片思いしたが、彼が気づかない理由でガールフレンドとしてずっと過ごしてきた。 これまで会った男たちは皆、肖像を払い、ドンマンが彼を裏切り、財閥家に嫁いで離婚までし、再び来たヘランに振り回されるのを見て心を痛め、そばでいつも彼の心強い支えになってくれる。 多くのハプニングを通じて、結局二人はお互いの重要さを認知し、気が合って付き合うようになる。

瑞山で父親と二人きりで暮らしながら母親のない悲しみを経験したが、いつもそばで母親の役割をしてくれたソルヒといたずらっ子のドンマンのおかげでたくましく育つ。 結局、"南日ビラ"の主人であるファン·ボクヒが25年間見ることのできなかった自分の母親であることを悟り、難しいが母娘の間を固めていく。

自分に脅しをかけた医者の群れが、アラのために戦ったドンマンに告訴すると脅しをかけると、ドンマンには"すごいペックがいるのに、正に狂人、自分だ"とし、"もしドンマンが監房に行けば、医者の群れが結婚式にも、子供の幼稚園、小学校の入学式にもついて、蛮行を吹っかける"と言うと、医者の群れが告訴を諦める。

第5話でデパートの品物を盗んだ泥棒を捕まえたにもかかわらず、泥棒がデパートVIPだとかえってエラに謝罪を強要されると、膝まで屈したが、これに怒ったコ·ドンマンによって半ば強制的にデパートのインフォデスクを辞めさせられる。 その後、アナウンサー試験を1次に通過し、面接も受けに行ったが、面接官たちが彼女に質問一つしなかったため、これに疑問を抱き、エラが直接面接官たちに質問をなぜしないのかを聞いたところ、これに他の志願者らに比べて足りないスペックだけを持ったと、面と向かっての回答だけを聞いた。

竹馬の友であり、彼氏のドンマンの忠告で、メジャー局ではないRFCアナウンサーの面接を受け、合格し、国内初のRFC女性アナウンサーとなる。 お陰で、最終話でドンマンがプロポーズして格闘技を辞めると宣言するまで、彼がリングの上で戦うのを見て苦しくなる。

 

キム・ジュマン役(アン・ジェホン、子役:イム・ハンビン)

サムマイウェイ キムジュマン

ポイント

年齢 - 29歳。 (1989年生)
職業 - ドリーム通販食品MD。
トンマンの親友。17歳で"トンマンイ チュマンイ マンマンイ ブラザーズ"で出会い、トンマンの故郷の友達ソルヒと知り合い、6年会った。 ドリームホームショッピング食品"MD"で絶対味覚を持ってやってきて、彼が売り出した食品は何でも完売。 本人は大食漢ではなくグルメだと主張する。 "人はよく食べるものだと思うが、私はまずいのをのどを通しません"と見た通り確固たる哲学を持っている。

6年間付き合ったソルヒを前に、会社インターンのイェジンと妙な関係を維持しており、ソルヒの心を痛める。 最初は姉たちの前でソルヒと結婚できなければ誰とも結婚しないと言うなど、確実な姿を見せたが、回数が進むにつれ視聴者にもどかしい姿だけを見せた。 一応、社内恋愛することを公開はしたが、引き続きインターンに余地を残して揺れる姿を見せる。

以後、課長の昇進で滑るが、そのことで自分は課長でなくても"お前が好き"と些細な幸せを語るソルヒにとても怒る。 周りの他の人たちが次長に昇進し、新居を準備する途中、自分はそんな能力にならないと言って結婚を先送りしていた時、結局、第12話ではインターンの家で意図しなかったが、外泊することになり、インターンの家の前にソルヒとエラがじっと立って待っていた。 ソルヒに何もなかったと言い訳をしたが、結局、彼女に別れを告げられる。 その後、ソルヒを再び訪れて"悪かった"としがみつくが、ソルヒの立場は固い。 一連の事態の後、イェジンがソルヒを訪れて"すまない"と先に言って、ジュマンと恋愛を始めたいと公に言ったほど積極的にジュマンにダッシュしたが、ジュマンはただイェジンから恋愛初期当時のソルヒが見えてしばらく搖れただけだときっぱりと断る。 ソルヒと別れた後、他の男にダッシュされるソルヒを見て苦々しがる。

ペク・ソルヒ役(ソン・ハユン、子役:キム・ハヨン)

サムマイウェイ-ペクソリ

ポイント

年齢 - 28歳。 (1989年10月27日生まれ)
職業 - ドリームホームショッピングの契約職カウンセラー。
"ザ·本業は愛人"。 豚足の娘であり、すごく怖い兄がいくつもいる。 ボーイフレンドのチュマンとは秘密の社内カップル。 致命的な白痴美を持った愛らしいピンク姫。借金が多い家の一人息子で手強い義理の姉2人、非常に派手すぎる酒満だが、ソルヒには誰よりも酒満が最高。 軍人、 苦学生、 就活生の数年を持って次々に来朝した. ソルヒにとって、酒だけはただの恋人ではなく夢であり人生だ。

ジュマンと結婚しなかったにもかかわらず、義理の姉たちに鐘のように扱われる。 義理の姉たちはソルヒが豚足屋の娘だという理由で彼女をそれとなく無視しており、友達に密かに主人の立つ場所を調べてくれと言ったほど。 以後、チュマンが家で皿洗いのために苦労するソルヒの姿を見て、彼女を連れてきてお姉さんたちに自分は貧しい家の長男でありながら、ろくな地方大学を出たにもかかわらず、ここまで来ることができたのは世話をしてくれたソルヒのおかげだ"とし、"彼女を敬い仕えなさい"と一喝して、本当にソルヒと結婚するつもりがあるのか"と皮肉るお姉さんたちに、ソルヒと結婚できなければ誰とも結婚しないというコメントを飛ばす。

しかし、インターンがジュマンに堂々と突きつけ、これにジュマンが揺れる姿を見せ、妙な関係を形成すると、不安がる。 その後、チュマンとたびたび言い争いながら変わってしまった姿に心を痛めていたが、結局チュマンがインターンの家で外泊することが起きると、別れを告げる。 この時、その場に一緒にいたアラのナレーションは"ソルヒの世界"が崩れた。先に自分の手を放してしまったジュマンと別れを選択したが、相変わらず心を痛める姿を見せる。

決別後、インターンのイェジンが"代理様を好きなのが本気で、ソルヒには申し訳ないけど、うまくやってみたい"と謝罪を装った塩漬けをするが、これに淡々と"そうなるかも知れないけど、彼女がいることを知っていながら、ジュマンにダッシュしたことを指摘し、"彼女に水を振り撤いて、後で同じようにやられてほしい""ジュマンが自分を愛した6年の時間と記憶が彼女を最後まで苦しめてほしい"と応じる。

視聴率

回次(放映日)
全国
変動
1話 (2017.05.22)
5.4%
-
2話 (2017.05.23)
6.0%
0.6%P ▲
3話 (2017.05.29)
10.7%
4.7%P ▲
4話 (2017.05.30)
10.0%
0.7%P ▼
5話 (2017.06.05)
10.6%
0.6%P ▲
6話 (2017.06.06)
11.4%
0.8%P ▲
7話 (2017.06.12)
10.9%
0.5%P ▼
8話 (2017.06.13)
9.8%
1.1%P ▼
9話 (2017.06.19)
12.1%
2.3%P ▲
10話 (2017.06.20)
11.2%
0.9%P ▼
11話 (2017.06.26)
12.0%
0.8%P ▲
12話 (2017.06.27)
11.9%
0.1%P ▼
13話 (2017.07.03)
12.6%
0.7%P ▲
14話 (2017.07.04)
13.0%
0.4%P ▲
15話 (2017.07.10)
12.9%
0.1%P ▼
16話 (2017.07.11)
13.8%
0.9%P ▲

OST

Arieband - Dumbhead

 

Kassy - 굿모닝

 

HerCheck - Fight For My Way (With 2morro)

 

BTOB - Ambiguous

 

Ryu Ji Hyun - Night Is Gone, Again

Cha Yeoul - I Miss U

 

韓ドラにはU-NEXT

  • 見放題作品数No.1!(2020年8⽉時点)
  • 韓流・アジアドラマ960作品以上を含む。
  • 180,000本以上の映像が⾒放題。
  • 80誌以上が読み放題。
  • スマホやタブレットで⼿軽に読めます。
  • 1,200ポイントを毎月もらえる。翌⽉に持ち越す※
  • 無料トライアル期間中の解約でも大丈夫です!

※最大90日まで持ち越し可能。
※子アカウントでもご利用いただけます。

韓国ドラマはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。 ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。 仕事上がりでも、 「アニメ1クール(11~13話)」 「韓ドラ4~6話」 「映画2~3作」程度は 一日中で見るのが同然。

-韓ドラ情報

© 2020 韓ドラコイ