ジキルとハイドに恋した私

韓ドラ情報

韓ドラ『ジキルとハイドに恋した私 ~Hyde, Jekyll, Me~』キャスト、相関図、あらすじ

概要

ジキルとハイドに恋した私 ~Hyde, Jekyll, Me~ 韓国語タイトル名:하이드 지킬, 나(2015)

ポイント

二重人格の男と彼を愛する女のロマンスを扱ったイ・チュンホ作家のウェブトゥーン「ジキル博士」は、ハイド氏を原作とした作品だ。 同時間帯のMBCドラマ「キルミー、ヒルミー」が、同じ時期に多重人格という似たような素材で放送を始め、話題となった。

ヒョン・ビンのドラマ復帰作で「シークレットガーデン」出演及び軍隊除隊後初のドラマ出演であり、相手役のハン・ジミンとは映画「逆鱗」で共演したことがある。

公式PV

相関図&キャスト

相関図

ジキルとハイドに恋した私 相関図

http://kandera.jp/

キャスト

ク・ソジン(ヒョンビン)

ク・ソジン(ヒョンビン)

ポイント

ク・ソジン(30代前半)/テーマパークワンダーランド尚武

韓国最大規模のホテルとテーマパークを運営する
ワンダーグループの一人息子 彼が尚武(サンム)を務める複合テーマパーク「ワンダーランド」は、ソウルのランドマークだ。

365日、楽しい遊園地、夢と同心がいっぱいの世の中。
365日皆が幸せなこの遊園地で、
365日、一つも楽しくもなく、笑わせず、ぴりっともしない唯一の一人。

成功している財閥家3世だが、まるで修道僧、いやゾンビのように暮らしている。 酒も飲まずに賭博もしない. 運転も運動もしないし、外泊も外出もあまりしない。 決定的な恋愛も結婚もしない。

「ハンサムな外見に若くてお金持ちで、家がよく、遊園地の生涯無料利用権を所有するこの男、一体どうしてこう生きるのでしょうか?」

ロビン(ヒョンビン)

ロビン(ヒョンビン)

ポイント

ロビン(30代前半)/ソジンのもう一人の人格

「澄んだ目、善良な印象、殺人微笑…。
外見とは逆に、ものすごいスピード、アンビリーバブルなパワー、高度のケンカの実力を備えた男…。 やさしい心づかい、思いやりのある繊細さ、多情多感な話し方、甘いマナーまで。一体、この男の魅力は、その先はどこなのかと思うほど全て持っている。
一つだけ除けば。

一人では存在できないということ。 ク・ソジンの体を分けて生きなければならないということ。 24時間365日存在できず、与えられた時間だけ生き残って息をするというのだ。 だからこそ、より致命的だ。 この男はいつまた会えるか分かりませんから。

チャン・ハナ(ハン・ジミン)

チャン・ハナ(ハン・ジミン)

ポイント

チャン・ハナ(20代半ば)/ワンダーサーカス団長

ソジンのテーマパーク専属サーカス団の団長であり俳優。 韓国に唯一残ったサーカス団の最後の末裔だ。

生まれた時から見て育ったのがサーカスなので、憂鬱な時は一輪車に乗って悲しい時はジャグリングをし、対話する相手が必要な時はゴリラ・ビンビンを訪れる。 猛獣の調練に長けており、言うことを聞かない男の調練にも一見識がある。

より大きな舞台を学ぶため、米太陽のサーカス(Cirque du Soleil)に入団し、キャリアを積んでいたが、存廃の危機に置かれているワンダーサーカスに戻ってきた。

あるまじきサーカス団を追い出そうとするク・ソジン常務に対抗して、ワンダーサーカスを守るために劣悪な舞台とショーを新たに改編する。

ユンテ(ソンジュン)

ユンテ(ソンジュン)

ポイント

ユン・テジュ(30代前半)/催眠専門医

ソジンの主治医であるカン・ヒエ博士の高弟。
ジェントルでユーモラスな性格に長けた外見の
イケメン医者。

実力も優れており、カン・ヒエ博士の寵愛と業界から認められ、大学でも催眠医学の講義を受け持っている。 特に、テレビ番組で催眠医学を詐欺と罵倒した精神科医と相槌を打つ場面はかなり有名だ。 放送後、女性患者が目立って増えたりもした。

やわらかい低音で患者に一番慣れている方式で催眠感受性を起こし、事故や事件後に経験する外傷後ストレス性障害まで治癒する。

人の心を読み取る能力と第一印象だけでもその人の職業、趣味、年齢、関心事、家族事項などを把握する推理力に優れている。 そのため、読心術や心霊術を使うのではないかという誤解を受けたりもするが、本人自らが自分の直観など信じない。 ひたすら徹底した論理と科学を基盤に思考する。

ミン・ウジョン(ヘリ)

ミン・ウジョン(ヘリ)

ポイント

ミン・ウジョン(20代前半)/大学生

ちんちくりんなかわいく好奇心と才能に満ちている。
ロビンを補佐するミン代表の娘で、父親が運営する出版社兼ブックカフェで雑務アルバイトをしている。

視聴率

次回(放映の日付)
大韓民国(全国)
ソウル(首都圏)
1回(2015.01.21)
8.6%
9.6%
2回(2015.01.22)
8.0%
8.6%
3回(2015.01.28)
7.4%
8.6%
4回(2015.01.29)
6.6%
7.1%
5回(2015.02.04)
5 9%
6.3%
6回(2015.02.05)
5.3%
5.4%
7回(2015.02.11)
5.1%
5.2%
8回(2015.02.12)
6.2%
7.0%
9回(2015.02.18)
4.7%
5.0%
10回(2015.02.19)
5.4%
5.3%
11回(2015.02.25)
5.6%
6.4%
12回(2015.02.26)
5.2%
5.6%
13回(2015.03.04)
3.8%
4.1%
14回(2015.03.05)
4.7%
4.6%
15回(2015.03.11)
3.8%
3.2%
16回(2015.03.12)
3.9%
3.5%
17回(2015.03.18)
3.5%
3.9%
18回(2015.03.19)
4.4%
3.3%
19回(2015.03.25)
3.4%
3.6%
20回(2015.03.26)
4.3%
4.6%
平均
5.3%
5.5%

あらすじ ※ネタバレ注意

普通、ハイドとジキルと言ったら・・・。
善良な人の中に悪い人格が入って来たと思うが。 ここでは自分しか知らない冷たい男の中に暖かい人格が隠れているどんでん返しがあります。 ヒョンビンだから悪い男ヒョンビンといい男ヒョンビンみんな魅力があります ヒロインのハン・ジミンはロビンと恋に落ちます。

ロビンの人格を鎮めるためにあらゆる宗教を渉猟し、自分を統制しながら過ごしてきたク・ソジン。 そんなその前にハン・ジミンが登場し、5年間眠らせていたロビンが目を覚ます。 「ロビンは正義感溢れ、人を助ける性格を持つキャラクターです。

ク・ソジンを治療する精神科博士が拉致される事件が発生しる。 この事件を目撃しますが、記憶を失ったハン・ジミンが目撃者の位置でク・ソジンのそばにいて催眠相談を受けながら犯人を捕まえるのを手伝うことになります。

ハン・ジミンの登場で現れた善良な人格ロビン。彼女を助けながら二人は情を深めていくことになります。 双子の兄弟として紹介したク・ソジンとロビン。

拉致された博士の知人で最側近。 そして記憶を失ったハン・ジミンを催眠治療として犯人を捕まえようとする精神関連医師で、実は博士を拉致した犯人だったそうです。

表向きは拉致犯として拘束されましたが、実はソンジュンによって催眠で記憶を操作されたんです。 別の人格の記憶で犯人になったのに。 催眠と言うのが本当に怖いですね。

ロビンとハン・ジミンとの間に誤解もあったが、仲直りしながら再び気持ちを確認する二人。

夜はロビンで、昼はク・ソジンで、ハン・ジミンに接するヒョンビンですが。 拉致事件は核心が過去、ク・ソジンが幼なじみと一緒に拉致された事件にさかのぼります。

犯人は一緒に拉致されましたが、ク・ソジン一人で脱出することになったイ・スヒョンという友人が犯人だと明らかになりました。
結局、その李秀賢がソンジュンであることが明らかになり、ソンジュンは逃亡の身になります。

最後まで兄弟だと明かそうとしなかったク・ソジンとロビンは、ハン・ジミンに正体を明かすことになり、混乱を経験したハン・ジミンだが、2人の存在を認め、2人を守らなければならないという覚悟を決めました。

ロビンを愛しますが、ロビンを守るためにはク・ソジンも守らなければならないのです。 ここでロビンとの対立になるが。 「ロビンはハン・ジミンがク・ソジンを愛するようになるのではないかと心配するようになります。ク・ソジンの心はハン・ジミンにあることを知っているからです。

逃げた李秀賢が催眠であちこち出入りしながら、結局はク・ソジンの自宅まで押し寄せてきて、2人を人質にして幼い頃の拉致事件の真実を突き止め始めます。 結局はソンジュンが突然戻ってきた記憶によって、自分の父親がク・ソジンを拉致した犯人と結託したということが分かりました。

幼い頃、何も知りませんでしたが、自分も父によってク・ソジンを拉致場所に呼び出され、一緒に拉致されたんです。
結局は進んで警察に捕まり、ク・ソジンには謝るようになります。

ク・ソジンという時に様々な危機を助け、彼を支えてくれたハン・ジミンをどうすれば好かれないのか、イ・スヒョンを助けるために彼との面会を続けながら、過去の絆を引き継いで自分を変えようと努力するク・ソジンです。

「拉致事件が解決され、ロビンとハン・ジミンの愛は強固になるが、ク・ソジンがハン・ジミンに愛を告白し、彼女のために変わろうと努力しています。 ロビーらしくなろうとするよりは、次第に周囲に関心を向けるようになるのです。

このような状況で自分の人格が消滅するのではないかと世の中にロビンという人の痕跡を残すために努力するロビン。 そんなロビンを理解するが、ク・ソジンの立場でいつもブレーキをかけ、ロビンを不安にさせるハン・ジミン。

ク・ソジンがロビンを抱きかかえて行くことで、ロビンをウェブ漫画作家として世の中に少し露出するのに役立ちます。 新しく変わり始めたク・ソジンは、なんとなく世の中を知っていく子供のような純粋さと愚かさがみえて、かわいそうに思いながらさらに目を向けました。

お互いの合意の下でロビンとク・ソジンはロビンの活動をサポートします。

そのように円満な関係を維持してきたある日、ク・ソジンの記憶の中にロビンの記憶が入り始め、ロビンは自分の記憶を失い感を感じます。 ク・ソジンの変化によってロビンの人格が消滅の危機に置かれたんです。

だんだん記憶を失って感銘を受け、博士に相談した後、自分の消滅を図ろうとしている。 多分、いつかはすべてのロビンとしての記憶を失うことになるということを知った彼は。 ハン・ジミンとの愛を失う前に、持って去ろうと決心します」。

短い思い出を残して二人だけの結婚式をした後、消滅することになったロビン。

時間が経った後、ク・ソジンはロビンのウェブトゥーン能力が自分も持つようになったことを知り。 ロビンと完全に統合されたことになるでしょう。

苦しんでいるハン・ジミンを訪ねてもう一度愛を伝えます。

韓ドラにはU-NEXT

  • 見放題作品数No.1!(2020年8⽉時点)
  • 韓流・アジアドラマ960作品以上を含む。
  • 180,000本以上の映像が⾒放題。
  • 80誌以上が読み放題。
  • スマホやタブレットで⼿軽に読めます。
  • 1,200ポイントを毎月もらえる。翌⽉に持ち越す※
  • 無料トライアル期間中の解約でも大丈夫です!

※最大90日まで持ち越し可能。
※子アカウントでもご利用いただけます。

韓国ドラマはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!


  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。 ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。 仕事上がりでも、 「アニメ1クール(11~13話)」 「韓ドラ4~6話」 「映画2~3作」程度は 一日中で見るのが同然。

-韓ドラ情報

© 2020 韓ドラコイ