君の声が聞こえる-サムネイル

韓ドラ情報

韓ドラ『君の声が聞こえる』キャスト、相関図、あらすじ

概要

君の声が聞こえる 韓国語タイトル名:너의 목소리가 들려 (2013)

ポイント

2013年6月5日から2013年8月1日まで放送されたSBSの18部作の水木ドラマ。 当初16部作として企画されたが、シンドロームに近い人気に支えられ、2回延長された。 作品性と視聴率二兎をすべて捕まえ、法廷ドラマのレジェンドになった。

俗物国選専担弁護士のチャン・ヘソンが「人の心を読む神秘の超能力少年」パク・スハと「正しい生活男」弁護士のチャ・グァンウに出会いながら繰り広げられる事件を興味津々に描いた法廷物ドラマだ。

公式PV

韓国版PV

相関図&キャスト

相関図

君の声が聞こえる 相関図

キャスト

チャン・ヘソン(イ・ボヨン)

ポイント

家政婦の一人娘として生まれ、粘り強く勉強し、貧しく悔しい人々を弁護する「人権の守護者」であり、国選専担弁護士にまでなった

国選の被告人たちは無罪率が1%にも満たず、検事の有罪率は99%を超える。 貧乏で善良でもない被告人はヘソンに非協力的でもある。

そんなヘソンの前に現れた謎の少年。スハ
その少年に出会い、ヘソンはドヨンに立ち向かう
強力な力を持つようになる。 その力は他ならぬ荷下が
相手の心を読み取る能力を持っているということ。

パク・スハ(イ・ジョンソク)

ポイント

相手の目を見れば心が読める能力を持った少年。人には内緒だ。
言ってみたところで精神病者扱いでもしますから。

10年前に父を殺した犯人ミン・ジュングクを捕まえられるように助けてくれた人がいたが、ヘソン。

恐怖に打ち勝ち、自分のために法廷で
勇敢に証言をしてくれたヘソンの姿は
今までも英雄の姿で樹下の心の中に
深く刻印されていた。 いつかまた会えたら
必ず守ってやると誓っていた。

そして10年後…
再び会ったヘソンの姿は
10年前とは違う情けない姿だった。

不義を見ても目をつぶって、
くやしい人の言うことには耳を塞ぐ
下手な弁護士になっていた。

チャ・グァヌ(ユン・サンヒョン)

ポイント

警察出身の国選専担弁護士、
根性さえあれば世の中に上がれないことはないし、
落とせない女はいないと思う。
そして、その信頼を自ら実践してきた。

司法試験を受けてから
グァヌの目標は国選専担弁護士だった。
貧しく悔しい隣人のために
やりがいのある仕事をしたかったからです。
それが自分に与えられた使命だと固く信じていた。
国選を長くした先輩たちはグァヌに時間が経つと
人々を助けることに対する幻想は壊れるだろうと
警告するけどさぁ…

ソ・ドヨン(イ・ダヒ)

ポイント

ソウル大首席入学、司法試験首席合格、
司法研修院首席卒業など。。
人生でいつも「首席」をつけて生きてきた。
そこに判事の父、医者の母の間で
不足なく育ったエリート。

任官してから1年ぶりに部長検事の
認められる有能な検事になった。
判事出身の父親、ソ・デソクの影響で

無実の被告人よりも
悔しい被害者を作ったら駄目だと信じる検事だ。

視聴率

韓国視聴率

  • 平均視聴率:18.8%
  • 最高視聴率:24.1%

君の声が聞こえる あらすじ

高校生の「パク・スハ」は外見も上、成績も上、さらには武術も上だ。 それに考えるのも大人っぽい。 しかし、手下がこうなったのには理由がある。

まさに相手の目を見れば本音が聞こえる超能力を持っているからだ。

手下がこの能力を持つようになったきっかけは10年前にさかのぼる。

スハが8歳だった時に経験した交通事故。 突然襲ったトラックは父親を死なせ、自分も死ぬ危機に追い込んだ。

その死の淵から得たのが、まさにこの超能力だ。

幸いなことに, 天使のように登場した一人の女性が命を救われ, それからスーハは初恋の人だと思っていた

一方、その天使のような女「チャン・ヘソン」は現在弁護士だ。 正確に言えば俗物弁護士。

ヘソンは、より良い金儲けのために国選弁護士になることを決心し、自分の過去を面接会場で打ち明ける。

無二の親友だったが、敵がいる。

「ソ・ドヨン」

そのドヨンの家政婦だった母親の下で、権力とお金に濡れ衣を着せられる羽目になったヘソンはどうしても、悪で無理やり耐えなければならなかった。 ドヨンが不正行為をしたことをヘソンが見ることになり、ドヨンはその事実を隠すために友人がミスをヘソンの過ちで覆ってしまう。

結局、ヘソンとヘソンの母親は追い出されるように家を出ることになり、ヘソンは退学してしまう。 しかし、ヘソンはドヨンに真実を聞くために訪れ、ドヨンに会ったが、聞くことができたのは

謝罪ではなく堂々とした姿 結局、言葉を失った刹那、2人の少女は交通事故を目撃することになる。

焦ったヘソンは携帯カメラで事件を撮ろうとして。。

ヘソンとドヨンは恐怖に逃げ、犯人はヘソンとドヨンを追いかける。

興奮した犯人は、隠れていたヘソンと陶淵を見つけられないまま、宙に脅しをかける。

「お前たちが見たことを言ったら殺すぞ。 それを聞いた人も殺すよ...”

サイレンの音で犯人は逃げるが、その事件でヘソンと道然の正義の戦いは始まった。

間もなく始まった裁判。

「こいつ、全部私の味方みたいだな。"

容疑者「ミン・ジュングク」は裁判には立ったが、これといった証拠がなく、無罪を言い渡される危機に瀕している。

この事実を知ったヘソンとドヨンは、堂々としていれば証人として立とうと自負心争いを繰り広げ、

結局、ドヨンは逃げ、ヘソンは法廷の門を開くことになる。

「あのおじさんが鉄パイプで人を殴ったのを携帯電話で撮ったんですが、これも証拠にならないんですか?」

「俺が言うなって言っただろ! 言うなって言ったじゃん!!! これで終わったと思わないでこれから始まりますから!!!"

結局、ヘソンの証言にミン・ジュングクは怒りを抑え切れず、ヘソンの首を絞める行動まで取ることになる。

ミン・ジュングクは殺人罪で捕らえられ、ヘソンは自分の話が合ってドヨンが間違っていたことを証明するために

ドヨンの父(その事件の裁判長)を訪ねる。 でも返ってきた答えは

携帯電話の写真には何も写っておらず、ヘソンはまた嘘で証言をしたことになる。

悔しくて悔しくて… また、犯人が言った言葉に恐れを感じたヘソンは、裁判が終わって嗚咽する。

そして、そんなヘソンを見た幼いスハはヘソンを抱きしめ、「守ってあげる。 私が守ってあげるよ」と言葉を切り捨てる。

一方、法廷から逃げたドヨンはちょうどその事件の裁判長だった父親を見て安堵感に駆けつけようとするが、

父はドヨンにそっぽを向いてしまう。 父のそっぽを向く、自分の卑怯な瞬間をばれてしまった罪悪感、恥ずかしさ…。

すべてがドヨンを圧迫し、そうして10年が過ぎた。

君の声が聞こえる 感想

 

韓ドラにはU-NEXT

  • 見放題作品数No.1!(2020年8⽉時点)
  • 韓流・アジアドラマ960作品以上を含む。
  • 180,000本以上の映像が⾒放題。
  • 80誌以上が読み放題。
  • スマホやタブレットで⼿軽に読めます。
  • 1,200ポイントを毎月もらえる。翌⽉に持ち越す※
  • 無料トライアル期間中の解約でも大丈夫です!

※最大90日まで持ち越し可能。
※子アカウントでもご利用いただけます。

韓国ドラマはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。 ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。 仕事上がりでも、 「アニメ1クール(11~13話)」 「韓ドラ4~6話」 「映画2~3作」程度は 一日中で見るのが同然。

-韓ドラ情報

© 2020 韓ドラコイ