ラブレイン

韓ドラ情報

韓ドラ『ラブレイン』字幕付きの無料動画配信の視聴 、韓国反応や口コミ、感想、など

韓国ドラマ『ラブレイン』

韓国ドラマ『ラブレイン』
  • 原題:사랑비 (2012)
  • 韓国放送期間:2012.3.26 ~ 2012.5.29
  • 回数:20話
  • 放送局:KBS2

ポイント

純粋だった1970年代の愛法と2012年現在の愛法を同時に取り入れて、時代を超越する愛の本質を描いたドラマ。

『ラブレイン』 あらすじ

70年代、ソウル。韓国大学美術学科の学生で御曹司のソ・イナ(チャン・グンソク)は、わずか3秒で恋に落ちてしまった―。ベンチに座る女学生を見かけて心惹かれたイナは、窓の外に目を向けてスケッチをはじめる。彼女が姿を消したことに気づいて急いで外に出たイナがぶつかってしまった相手こそ、スケッチした彼女だった。ほとんど言葉を交わすことなく別れるが、イナは彼女が落とした日記帳から、同じ大学の家政学科に通うキム・ユニ(ユナ)であることを知る。ふたりはある雨の日に再会。ひとつの傘に入ったイナとユニは、その日をきっかけに、お互いを意識しはじめる。けれどもイナがユニに告白しようと心に決めたとき、医学科に通うイナの友人のドンウク(キム・シフ)も、ユニに思いを寄せていることがわかってしまう。積極的なドンウクの態度を見て、一度はユニをあきらめようとするイナだが、その思いは募るばかり。ふたりは愛を育みはじめるが、様々な壁がイナとユニの前に立ちふさがり、お互いへのかけがえのない思いを胸に抱きながらも、別れる道を選んでしまう……。
2012年。美術の教授となったイナ(チョン・ジニョン)はかつて愛したユナのことが今でも忘れられず、息子のジュンがまだ幼かった頃に離婚。樹木医となったユニ(イ・ミスク)はアメリカ留学中に出会った夫を失い、娘のハナをひとりで育て上げていた。そんなふたりが、雨の日に再会を果たす。彼らの子どもであるジュン(チャン・グンソク)は売れっ子のフォトグラファー、そしてハナは母親の影響でガーデナーとして働いている。ジュンとハナも北海道で偶然に出会い、反発しあいながらも惹かれあっていくが……。<公式サイトより>

『ラブレイン』 動画

『ラブレイン』 相関図

『ラブレイン』-相関図

公式サイト

『ラブレイン』 キャスト

  • チャン・グンソク
  • ユナ
  • チョン・ジニョン
  • イ・ミスク
  • キム・シフ
  • キム・ヨングァン
  • ソン・ウンソ
  • ソ・イングク
  • ファン・ボラ

『ラブレイン』 視聴率

  • 平均視聴率:5.35%
  • 最高視聴率:6.40%

『ラブレイン』 OST

『ラブレイン』 韓国反応、口コミ

評価

WATCHA PEDIA : 2.9 (2万人)

口コミ
1970年代まではおもしろかった。あまりにも初々しくてアナログ的な愛の話が気に入ったが、同じ俳優が他のストーリーを演技したが、気に入らないのは作家の問題か。
口コミ
ユナが本当にきれいだったドラマ。
口コミ
愛の比を低評価するなら、低評価する。 ただ、映像美に努力したことと、なんとなくくすぐったい感じはした。 しかし、未だにラブレターで展開されたファンタジーは理解できない。
口コミ
70年代のアナログ的感性も2012年の感性もそれなりに良かったのに、なぜ親の愛を迷惑のように描き出さなければならなかったのか。
口コミ
このドラマに対する大体の評点は全部低いが、過去の部分に対するのは最高だったと思う。最近は全部直接的な恋物語だが、アナログ的でありながら初々しい感情を持っているその時、むずむずしながらも痛いその感じ。2012年に見たにもかかわらず、今も時々このドラマを思い出して、むずむずして痛い感じが残っている。

韓国ドラマ『ラブレイン』日本語字幕付き無料動画配信サービス

『ラブレイン』U-NEXTからは見放題として無料視聴できます。無料登録するだけで600ポイントもらえます。無料トライアル期間が終わると毎月1200ポイント入ります。

韓ドラにはU-NEXT

  • 見放題作品数No.1!(2020年8⽉時点)
  • 韓流・アジアドラマ960作品以上を含む。
  • 180,000本以上の映像が⾒放題。
  • 80誌以上が読み放題。
  • スマホやタブレットで⼿軽に読めます。
  • 1,200ポイントを毎月もらえる。翌⽉に持ち越す※
  • 無料トライアル期間中の解約でも大丈夫です!

※最大90日まで持ち越し可能。
※子アカウントでもご利用いただけます。

韓国ドラマはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。 ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。 仕事上がりでも、 「アニメ1クール(11~13話)」 「韓ドラ4~6話」 「映画2~3作」程度は 一日中で見るのが同然。

-韓ドラ情報

© 2020 韓ドラコイ