韓ドラ情報

韓ドラ『オー・マイ・クムビ』キャスト、相関図、あらすじ

概要

オー・マイ・クムビ 韓国語タイトル名:오 마이 금비(2016, 2017)

ポイント

空港への道の後続として2016年11月16日から2017年1月11日まで放送したオ・ジホ、パク・ジヒ、ホ・ジョンウン主演のKBS第2テレビ水木ドラマ。

チャン・ヨンシルの演出者である金ヨンジョPDと感激時代、ドラマスペシャルなどの演出を担当したアン・ジュンヨンPDが演出を引き受ける。 脚本は本作の原作ともいえる『マイフェアレディ』を執筆したチョン・ホソン作家もチャン・ヨンシルの脚本を執筆したイ・ミョンヒ作家の共同執筆。

あいにく、放送3社の水木ドラマの新作がいずれも11月16日に初放送される。 競争作は「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」と「青い海の伝説」。

人が人に会うことは、単なる出会いに止まらない。
出会った人の価値観、感情などを交流し、感じるようになる。
会った人が与えた影響で、自分という存在が変わったりもする。

家族、愛、父性愛について一度も考えたことのない男に、一人の子供が訪ねてくる。
男性は子供と過ごしながら、自分が知らなかった感情を感じるようになる。 そして、自分がまったく考えられなかった真の人間として、どんどん完成していく。

このドラマは、全く似合わなかった人物が絡み合って血統より濃い家族になっていく話だ。 家族になるにつれて経験するあらゆる喜怒哀楽の感情を通して、冷えた冬の寒い心を温かく慰めるドラマだ。

公式PV

相関図&キャスト

相関図

オー・マイ・クムビ

myfairlady.brokore.com

キャスト

ユ・グムビ(ホ・ジョンウン)(女、10歳)

ユ・グムビ(ホ・ジョンウン)(女、10歳)

ポイント

おとなの世話もなく、自分で大きくなってしまった子
是々非々よく問い詰めて、強情で超強度合金ケーブルのような子。 今、捕まえなければならないものを絶対逃さず、一度約束したことは必ず守らなければならない。

そんなクムビにある日、フィチョルというお父さんができた。
それも普通の父親ではなく、詐欺師だ。 フィチョルとの初出会いは法廷。 法廷で実の父親に10年ぶりに会うとは夢にも思わなかった。 漠然と懐かしがったパパは、クムビの想像を逆さまにしたような人間だ。

誰かに捨てられることに慣れていて、フィチョルが自分を捨てるだろう」と予想した。 それでフィチョルの頭のてっぺんに座って、フィチョルが捨てようとする度に捨てられなくした。 それに、カンヒの前で変わるフィチョルの態度を見て、何のことかと思う。
少し変わったフィチョルを見て、もしかしたらまともな人間、本当の父親にできるのではないかと思う。

しかし、フィチョルは簡単には変わらない。
いつか病症が現れれば、結局見捨てられるのではないかと心配だ。 「ニマンピーク病」、認知症と類似した症状が見られるという、名前すら耳慣れない病症が、10歳クムビが耐えなければならない未来だ。 小学校の卒業式、初めて着る制服、修学旅行、17歳の誕生日……このようにありふれたものが,クムビには望むことすら手に余る願いになる

モ・フィチョル(オ・ジホ)(男、37歳)

モ・フィチョル(オ・ジホ)(男、37歳)

ポイント

人を惑わす派手な言葉遣いも、奇抜な設計能力もないとぼけた詐欺師。 高校時代、警察だった父親の死後、夢が崩れ、自分勝手に暮らし始めた。 その後、父の死に関わった詐欺師ギルホに会い、詐欺業界に足を踏み入れ、今の境遇に至った。

増え続ける借金のため、しばらく輝いていた人生がまた悲しくなった。 詐欺を働いて借金を返し、再び借金をしてまた詐欺を働いて。 いつの間にか、詐欺と借金のくびきから脱することができないルーザーになってしまった。 それでもかまわない。 借金で死のうが、詐欺を働いて死のうが、平凡な死よりはましだと思いますから」

このようなフィチョルの人生に、突然一人の女の子のクムビが入り込んだ。 どんな女も心から愛したことのない彼に、いきなり実の娘だなんて。 監獄行きを免れるために子どもを押し付けたが、一日一日が事故と戦闘の連続だ。 何とかして子供をはぐらかそうと、手をさすのだが…

クムビのために知り合った女ガンヒ
一度も本気で誰かを愛したことがなかったのに。ガンヒにはしきりに心が行く。 康熙が金妃が好きで、ガンヒのためにもクムビを捨てることができない状況に直面することになる。 彼の人生で、一度も考えなかった実の娘と好きな女性が同時に生まれたという、驚くべき状況が起こった。

コ・ガンヒ(パク・ジンヒ)(女、35歳)

コ・ガンヒ(パク・ジンヒ)(女、35歳)

ポイント

樹木科学院研究士 人間と関係を結ぶよりも、木を育てて世話をする時に安らかさを感じる。 古美術品がいっぱいの美術館のような家に一人で住んでいる。 寂しいこの家にも人の笑い声と温もりが込められた時があった。 「ママとパパ」の自慢だった弟が生きていた時代にはママもパパもカンヒも幸せだった。 幼い弟の死は、人も家も荒廃させた。 家族は散り散り、家は美術品の保管箱のように変わっていった。

父の死で最後の未練の紐も残らなかった.
家も美術品も売ってしまい、すべてを忘れて韓国を離れるつもりだった。 クムビという子とフィチョルが現われるまでは。 クムビは周りの憂鬱を取り除く元気を持っている子だ。 人の温もりを蘇らせ、愛の感情を呼び覚ました。 クムビとフィチョル父娘を見て、忘れていた父親の情と痛みも理解できる。

三流の詐欺師だが、自分のために犠牲になるフィチョルのために心が揺れる。 親から疎外され、欠乏の中で育った自分が誰かを愛するようになったという事実が不思議でもある。

カンヒは、誰かと一緒にいたいという自分の変化に驚く。 自分が受けることができなかった愛を血筋でもないクムビに与えたいし、痛みの多いフィチョルを慰め、また慰めてもらいたい。

ユ・ジュヨン(オ・ユナ)(女、36歳)

ユ・ジュヨン(オ・ユナ)(女、36歳)

ポイント

クムビの実母。夜のクラブを転々とする派手な火の蛾。
しかし、昼間はデパートで働く。 居酒屋で笑いを売ることはできるが、夜は彼女のもの、見知らぬ男の世話をすることはできなかった。

幼いころ厳しい母親のもとで育った. 幼い頃、母親の強要でいつも息を殺して静粛に暮らした。 心の中には風流への熱望が沸いたが、徹底的に偽装して暮らしていた。 そして成人した後、幼い時に隠して生きた熱望が炎のように沸き起こった。 母親が死んでからは取り返しのつかない火の蛾となって夜の街をさまよった。

夜のクラブとバーを転々としながら、あらゆる男たちと交わりながら熱く遊んだ。 いつも瞬間を楽しもうというマインドで金を無駄遣いした。 やがて突然になった妊娠。 子供を落とすことも考えたが、体を切られるのが怖くて、どうしてもそうすることができず、計画なくクムビを産むことになった。 人生を楽しむや、注意の彼女にとってクムビは足かせに他ならない。 1グラムもない母性愛でクムビを知っている姉に簡単に捨てた。

 

視聴率

次回(放映日)
全国
首都圏
1回(2016.11.16)
5.9%
5.1%
2回(2016.11.17)
6.5%
5.6%
3回(2016.11.23)
5.7%
4.4%
4回(2016.11.24)
5.2%
4.5%
5回(2016.11.30)
5.2%
4.8%
6回(2016.12.01)
5.5%
5.0%
7回(2016.12.07)
5.8%
5.6%
8回(2016.12.08)
6.0%
5.0%
9回(2016.12.14)
5.7%
5.0%
10回(2016.12.15)
6.3%
5.6%
11回(2016.12.21)
6.4%
6.2%
12回(2016.12.22)
7.0%
6.8%
13回(2016.12.28)
6.8%
7.0%
14回(2017.01.04)
6.1%
5.6%
15回(2017.01.05)
7.2%
6.1%
16回(2017.01.11)
5.6%
5.2%

オーマイ・クムビ 感想

2016年冬の心温まるドラマ。

人を惑わす華麗な言葉遣いも、奇抜な設計能力もないイジメの詐欺師、モ・フィチョル(オ・ジホ扮)。 高校時代、父親の死後、夢をあきらめて詐欺師になる。
刑務所行きを免れるため、自分を訪ねてきたアイ・クムビ(ホ・ジョンウンさん)を押し付けたが、一日一日が事故の連続だ。

クムビのために知り合った女性のカンヒ(朴ジンヒさん)。
彼女に詐欺を働こうとして心を奪われる.
紆余曲折の末、カンヒの家にクムと共に住むことになる。

しっかりした少女クムビは、ニーマンピーク病を患っている。
(ニマンピーク病とは、児童痴呆症で、効果的な治療法がない珍しい病気だ。 )
「父と一緒に暮らしたいが、自分の病気に対する治療費のために保育園に行ってほしい。
パパとの最後の思い出を作るクムビ..

クムビの担当医からニマンピーク病を患っていることが分かったフィチョル。
そんなクムビを眺めながら胸を痛める。 本当のお父さんになっていくフィチョル。。

母親が孫娘のクムビに遺産を残したことを知ったクムビの実母チュヨン。
遺産を手に入れるためにクムビを探し、徽哲からクムビを連れて行こうとする。
クムビをめぐり、不正で一丸となったフィチョルと、金のために連れて行こうとするチュヨンは、互いの弱点を探る。

いつのまにか輝鉄の一部分になってしまったクムビ。
しかし、クムビはフィチョルの実の娘ではなかった。
チュヨンをクムビと引き離すために、フィチョルとカンヒは親権喪失請求を試みる。
母親が壊れていると思ったクムビは、親権喪失の審査中、意外なことを言う。
『お母さんと暮らします。"

クムビが眺めた母親は、このままにしておくと自分より先に死ぬような気がして、母親と一緒に暮らすことを願う。
母親との同棲は侮れない。 なんだかんだしながら親子の情を深める.

クムビのお金を見て連れてきたが、チュヨンはクムビによって母親になる。
チュヨンもクムビの病を知って娘のためにまともに生きてみようと思う。
弁護士がお金を持って逃げると、お金より金費を先に考えるチュヨン。
真正な母になった。

ますますクムビの病状は悪化し、現実は容易ではない。
フィチョルとカンヒ、チュ・ヨンは「クムビの病」を治すために必死に物狂いで努力する。

クムビは皆にプレゼントのような存在。
不幸な人々はクムビによって新しい人生を生きながら幸せな時間を過ごす。

しかし、クムビに徐々に近づいてくる病気。
オーマイクムビはハッピーエンドができるかな。
涙の尽きないドラマ

クムビはこの世のすべての人への贈り物だ。
喜びと怒り、悲しみと楽しさという人生の喜怒哀楽を見せてくれる。
暗い。
しかし、すべての暗闇の中にも光があるものだ。
ドラマがどのように締めくくるかは分からないが、一筋の光のような希望を伝えることを願う。
2016年を締めくくり、2017年をスタートした今日。 「オーマイ・クムビ」は、我々に訪れた童話だ。

韓ドラにはU-NEXT

  • 見放題作品数No.1!(2020年8⽉時点)
  • 韓流・アジアドラマ960作品以上を含む。
  • 180,000本以上の映像が⾒放題。
  • 80誌以上が読み放題。
  • スマホやタブレットで⼿軽に読めます。
  • 1,200ポイントを毎月もらえる。翌⽉に持ち越す※
  • 無料トライアル期間中の解約でも大丈夫です!

※最大90日まで持ち越し可能。
※子アカウントでもご利用いただけます。

韓国ドラマはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!


  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。 ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。 仕事上がりでも、 「アニメ1クール(11~13話)」 「韓ドラ4~6話」 「映画2~3作」程度は 一日中で見るのが同然。

-韓ドラ情報

© 2020 韓ドラコイ