応答せよ1988-サムネイル

韓ドラ情報

韓ドラ『応答せよ1988』キャスト、相関図、あらすじ

概要

応答せよ1988 韓国語タイトル名:응답하라 1988 (2015)

1. 応答せよ1997 2. 応答せよ1994 3. 応答せよ1988

ポイント

tvNで2015年11月6日から2016年1月16日まで放送したドラマで、「応答せよ」シリーズの3作目であり、演出者は前作と同じシン・ウォンホPD。1988年、ソウル道峰区雙門洞(トボング・サンムンドン)の鳳凰堂(ポンファンダン)路地を背景に家族全員が一緒に見られる暖かい家族の話を描いた。 また、同じ路地で大きく育った5人の幼馴染の愛と友情を描いた。

前作「応答せよ、1997、1994シリーズ」の大成功以降、1990年代を背景にした前作よりさらに以前の1980年代を背景にしている。

2015年末、「応答せよ」シリーズが帰ってきた。 約2年ぶり3作目が始まり、ケーブルドラマの歴史を記録した。
ケーブルドラマ史上初めて、最高視聴率20%を超える大活躍を見せた。 それこそ「大韓民国は歴代級応答せよ」ブームだった。

1988もやはり「夫探し」があったが、前作とは違って方言が主な要素ではなかった。 今回は、ソウル特別市雙門洞(サンムンドン)に住む高校生たちの物語がメインとなる。

公式PV

韓国版PV

 

相関図&キャスト

相関図

応答せよ1988-相関図

キャスト

ソン・ドクソンの夫を探し

やはり「応答せよ」シリーズの特徴であり、尚直的な要素である。 また今度もドラマを導く一番核心的な要素だ.
甚だしくはファンの間で敵味方に分かれながら互いに類推しながら証拠を集め、本人の好きな俳優を応援してドラマの人気がさらに高まり始めた。

ジョンファンとテクのお互いのための友情とドクソンへの愛をとても切なくて美しく表現している。 テクのために愛を迷うジョンファン、ジョンファンのために愛を迷うテクが、二人の友情を非常によく表している。 ドクソンには心が痛い話だけど…

既存の「回答せよ1997」と「回答せよ1994」でもやはり夫で2人対立構造だった。 特徴としては「応答せよ1997」で、ユン・テウンは「コンピューターの天才」で、チルボンは「野球の天才」だった。 つまり、天才は成り立たなかった。 もちろん、ユン・ユンジェとゴミが利口でないキャラクターだとは言えません。 しかし、一分野の天才は愛が成し遂げられなかった。 今回のウンパルではテクイが囲碁の天才に出る. そのため、選択は行われないと判断したが、

キャラクター

今度のドラマもキャラクターがとても魅力的だ。
ドクソンの両親はやはりソン・ドンイルとイ・イルファである。 いつも変わらないキャラクターたちを見せてくれた。 「応答せよ」シリーズにはまってはいけないキャラクターだ。

「応答せよ1994」で愛されたキム・ソンギュンが、今度はラ・ミランと一緒にジョンボン、ジョンファンの両親として出る。 完璧なギャグキャラクターを演じる。 完璧だった。

ドクソンの家族、ボラとノウルがやはり自分の役割を十分に果たし、ボラの場合、ソンウと一緒にいなければならないカップルとして登場した。

ジョンファンはツンデレの定石を見せてくれた。 そのおかげで、多くのファン層を確保した。

テクは母性愛を刺激するキャラクターであり、友達が守ってくれる重要なキャラクターであり、物語をリードする重要キャラクターとなった。

ソンウは一途なキャラクターを見せてくれる。 ひたむきな愛を見せてくれる。 また、ボラと二人の愛を多くの人が応援するようになり、ファンもできた。

ジョンファンの兄であるジョンボンは、ひたすら愛らしいキャラクターとして出演する。
最後にドンリョンは最高のギャグキャラクターだ。 キム・ソンギュンが完璧なギャグキャラクターだったなら、トンリョンは最高だった。 誰も反論できない。

 

視聴率

韓国視聴率

  • 最高視聴率:18.4%
  • 平均視聴率:11.8%
  • 瞬間最高視聴率:21.7%

応答せよ1988 OST

今回もリメーク曲として数多くのOSTが誕生することになる。
すべて書くのが負担になるほど多い。
その中で人気があった曲にはオヒョクが歌った「少女」イジョクが歌った「心配しないでください、君」がいました。
もちろん、他の歌も多くの人々に愛された。

応答せよ1988 レビュー

現在まで出た「応答せよ」シリーズの最後の作品だ。
2年間準備しただけに、それなりに徹底していた。 しかし、視聴者の目も鋭かった。 そして、より多くのファン層を確保し、ケーブルで初めて20%を超える視聴率を記録した。 最近は地上波でも視聴率20%を越えるのも難しい。 だから、すごかった。 国民的ドラマといっても遜色がなかった。

最後の夫を探すのが残念だった。 そして、「応答せよ」シリーズが、あまりにも多くのものを盛り込もうと努力するのが、シリーズがますます感じられる。

監督と作家がますます負担を感じ、多くのことを表現しようとしているのが見える。 そのため、ウンパル以後、次のシリーズが出ていないと思う。 すごく負担を感じちゃって…そうしないでほしい。

軽くてもいいから、次のシリーズが出ることを希望する。

応答せよ1988 感想

韓ドラにはU-NEXT

  • 見放題作品数No.1!(2020年8⽉時点)
  • 韓流・アジアドラマ960作品以上を含む。
  • 180,000本以上の映像が⾒放題。
  • 80誌以上が読み放題。
  • スマホやタブレットで⼿軽に読めます。
  • 1,200ポイントを毎月もらえる。翌⽉に持ち越す※
  • 無料トライアル期間中の解約でも大丈夫です!

※最大90日まで持ち越し可能。
※子アカウントでもご利用いただけます。

韓国ドラマはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。 ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。 仕事上がりでも、 「アニメ1クール(11~13話)」 「韓ドラ4~6話」 「映画2~3作」程度は 一日中で見るのが同然。

-韓ドラ情報

© 2020 韓ドラコイ