応答せよ1997-サムネイル

韓ドラ情報

韓ドラ『応答せよ1997』キャスト、相関図、あらすじ

概要

応答せよ1997 韓国語タイトル名:응답하라 1997 (2012)

1. 応答せよ1997 2. 応答せよ1994 3. 応答せよ1988

ポイント

「33歳OL」「普通の女、ソン・シウォン」。
だが, 一時彼女の名前はオタクだった
大韓民国オタク1世代。
H.O.T.とゼクキーに代弁された1990年代を生きた、
今の30代に捧げたいレトロなメッセージ~

作中の基本背景は1990年代後半。 たまに2012年に33歳になり、高校の同窓会を開く現在の姿も登場する。 それでも、1997年度を背景にした分量が半分以上であり、当時の青少年たちの文化がよく紹介されているため、青少年ドラマでありながらトレンディドラマ的な性格も併せ持っている。

公式PV

韓国版PV

 

相関図&キャスト

相関図

応答せよ1997 相関図

http://www.cinemart.co.jp/

キャスト

ソン・シウォンの夫

このドラマを導く最も重要な要素だ。
シウォンの夫として台頭する人物は2人いる。

まさにユン・ユンジェ、ユン・テウン。

この二人は兄弟である。 この兄弟間の愛をめぐり争ったりするのではなく、たった一人の自分の家族のために譲歩し、お互いを配慮する姿が本当に美しく表現される。 時にはユンジェの愛が胸が痛く、時にはテウンの愛が胸が痛むように表現される。

そして、夫に対する伏線をばらまくことになる。 この伏線を見ながら、視聴者は推理をし、共感し、このドラマに一層没頭させる要素だ。

キャラクター

このドラマのキャラクターは、それぞれ捨てるところが一つもない。 甚だしくは悪もなく善もない。 「だから、視聴者はどんなキャラクターも悪口を言わずに楽しく見るようになるのがこのドラマだけの魅力だ。」

主人公と友達

他のドラマなら友達の比重はそれほど高くはない。 しかし、応七では比重が高い。 この友達の話を見ているととても面白い。

生まれた瞬間から友達だったユンジェ、シウォン、そしてその友達カン・ジュンヒ、バン・ソンジェ、ト・ハクチャン、モ・ユジョンが友達の話も出てきてから話が流れていく。 ジュンヒの場合、ユンジェが理性的に好きなキャラクターだ。 ある意味慎重になる部分があるが、とてもよく表現したし、俳優の演技もとても良かった。 学賛とユジョンの恋物語も非常に興味深い。 ソンジェの場合、毎瞬間笑いを誘うキャラクターだが、憎むところが見えないキャラクターだ。

ユンジェとシウォンの家族

ユンジェは両親が亡くなっている。 しかし、ユンジェの親友だったシウォンの親がユンジェとテウンを息子のように育てる。
シウォンの父親である城東一(ソン・ドンイル)、母親の李日和(イ・イルファ)は、実際の夫婦のコンビネーションを見せてくれる。 そしてソン・ドンイルの演技はドラマで遊ぶ。 ソン・ドンイルがガンの判定を受け、治療を受ける前、教会で祈っているシーンは涙が出る。 母親の李イルファがドラマ作家に電話する場面も本当に切実だ。

ユン・テウンのキャラクターは本当にこの世に存在するのだろうか。 という疑問を抱かせるキャラクターだ。 劇中でユンジェの場合、全校1位、ソウル大首席入学、司法試験の首席合格にハンサムな容姿、ずば抜けた歌の実力に運動までできる「狂った」キャラクターだが、テウンの場合、もっと話にならないキャラクターだ。 学生時代、全国1位でどの大学でも行けるが、両親が亡くなってから幼い弟だけが残って釜山(プサン)に大学に行き、先生になって弟が通う学校の先生をする。 弟が卒業するやいなや、自分の好きなことをスタートし、すぐに招待し、また他のことをスタートして招待し、そして弟が判事になると、負担になるのを恐れ、全財産社会に寄付し、大学教授として再びスタートさせ、そして現在(12年)には大統領選候補まで行うことになる。 テウンは弟のためにすべてを諦めることができる真の弟バカのキャラクターだ。

視聴率

韓国視聴率

  • 最高視聴率:9.5%
  • 平均視聴率:7.6%

応答せよ1997 OST

応答せよ1997 レビュー

「応答せよ1997」の熱風は凄かった。
慶尚道(キョンサンド)方言の人気は、あらゆる芸能を見ただけでも分かり、90年代の郷愁効果により、多くの30代層の共感や支持を引き出した。
その後、いくつかのドラマで方言を素材に多く使い始め、90年代から80年代など多様な話を素材に書き始めた。
出現した俳優たちの人気は急上昇し、人々は「応答せよ」と次のシーズンを期待し始めた。 もちろん、来シーズンも「大ヒット」だった。
現在まで3本のシリーズで出た「応答せよ」シリーズの中で最も無駄なく完璧だった作品は、「応答せよ1997」だと思う。

応答せよ1997 感想

韓ドラにはU-NEXT

  • 見放題作品数No.1!(2020年8⽉時点)
  • 韓流・アジアドラマ960作品以上を含む。
  • 180,000本以上の映像が⾒放題。
  • 80誌以上が読み放題。
  • スマホやタブレットで⼿軽に読めます。
  • 1,200ポイントを毎月もらえる。翌⽉に持ち越す※
  • 無料トライアル期間中の解約でも大丈夫です!

※最大90日まで持ち越し可能。
※子アカウントでもご利用いただけます。

韓国ドラマはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!

  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。 ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。 仕事上がりでも、 「アニメ1クール(11~13話)」 「韓ドラ4~6話」 「映画2~3作」程度は 一日中で見るのが同然。

-韓ドラ情報

© 2020 韓ドラコイ