彼女はキレイだった-サムネイル

韓ドラ情報

韓ドラ『彼女はキレイだった』キャスト、相関図、あらすじ

概要

彼女はキレイだった 韓国語タイトル名:그녀는 예뻤다 (2015)

ポイント

そばかすの"歴代級爆弾女"に逆変したヘジンと"超絶頂反転男"に政変したソンジュン、完璧そうだが"隙のないセクシー女"ハリ、ベールに包まれた"めちゃくちゃ反転男"シンヒョク、4人の男女の才気はつらつロマンチックコメディ

公式PV

相関図&キャスト

相関図

彼女はキレイだった 相関図

www.tc-ent.co.jp

キャスト

キム・ヘジン(ファン・ジョンウム)

キム·ヘジン(ファン·ジョンウム)

ポイント

就活生 → 雑誌社管理チームインターン → 雑誌社編集チーム

学生時代。学校に一人くらいはいた。 全校で一番きれいなのに、家も金持ちだし、勉強までできるし、才能はなぜそんなに多いのか、さまざまな大会で賞を総なめするだけでは物足りず、性格までひどく、憎らしく思うことすらできない子。 話すことも息つくほど全てを持っている、そんな子。へジンがまさにそんな子だ。 いや、そんな子"だった。

売れっ子だった父親の出版社が倒産し、ある瞬間富を失い、アルバイト戦線に飛び込んで上位圏の成績も失った。 其れ丈で終わってもらえたらよかったのに 少しさびしい外貌の持ち主である父から譲り受けた遺伝子がどこかに必ず隠れている。 遅ればせながら発現 思春期の時、逆変を経験して失い、彼女は美貌まで失ってしまった。

今、彼女に残っているのは学資金融資金と気の毒極まりないスペックの就職浪人とはみすぼらしい身分のみ。 燦々と輝いた主人公のようだった彼女の人生は、それほど誰一人見向きもしないエキストラ人生に転落してしまって久しい。 今、最大の夢は堅実な会社できちんと給料をもらう'会社員になること。

ところが、ある日。 明敏極まりない彼女の日常がざわめき始める. 15年前に別れた小学校時代の初恋。 "デブのチ·ソンジュン"に連絡が来たのだ!しかし、最も輝いていた頃の彼女だけを覚えているはずの、その先に到底名乗り出る自信のない彼女は、親友であり9頭身の美女ハリに頼む。 "私の代打でソンジュンに会ってくれ。 今日一日。 その子の前で君がキムヘジンになってくれ!"
結局、初恋の前に出られないまま、隠れてしまう彼女。

私は本当だが、徹底的に偽者にならなくてはならない。 彼にだけは

チ・ソンジュン(パク・ソジュン)

チ・ソンジュン(パク・ソジュン)

ポイント

モスト副編集長

換骨奪胎という言葉は、彼を説明するために生まれた言葉かもしれない。 男性ファッション誌から飛び出したばかりの現在の姿とは異なり、思春期までは外見も性格も変質そのものだった。 同じ年頃より身長は10センチほど低く、体重は10キロほど高くなり、女の子たちと目も合わせず、授業時間に発表もできないほど性格は小心者の最後を飾った。

隣に住む同じクラスの人気ガール、ヘジンと小心者のソンジュンとの間にしばらく交流がなかったが、ある事件をきっかけに仲良くなって、母親の死という大きな事件を経験しながら、ヘジンは母親の空白を埋める特別な存在になるが…。 ソンジュン君の突然の米国行きで、仕方なく別れてしまう。

移民した時は言葉も通じず、太っている外貌のため笑いも多かった。 友達もいないし、やることもなくて一日中好きな絵だけ描いて、 勉強ばかりした. そのため、いつの間にか全校で一番勉強ができ、絵も一番上手な子になっていた。 すると、彼を無視していた子供たちが一人二人声をかけ始めた。 以後、何でもそのように歯を食いしばって1位になった。 そうすれば誰かが近づいてくれたから。 そうしてこそ友達を作ることができるから。

そんな生活をしていると、いつの間にかトップじゃないと耐えられない大人になり、名門デザインスクールパーソンズ首席卒業後、グローバルファッションマガジン"ザ·モスト"のニューヨーク本社首席エディターとして勤務していたところ。モストの韓国版発行会社"真性マガジン"の最年少副編集長として破格のスカウト、15年ぶりに韓国の地を踏むことになる。

何でもトップへの強迫観念を持っているため、仕事に関しては徹底したプロであり、自分のこだわりも強く独断的だ。 良く言えば、堂々としてカリスマあふれるスタイル、悪く言えば、サガジをどこに売り飛ばしたように生意気極まりないスタイルだ。 仕事をする時は誰が話しかけても聞けず、目の前の人も見られないほどものすごい集中力を見せ、荒唐無稽な言葉つきのおかげで"ジラルジュン"というニックネームで通じるようになる。

15年ぶりに韓国に帰ることになった時、一番先に思い出したのは母親、次はヘジンだった。 これまで恋愛をしてみなかったわけではないが、心の片隅には常にヘジンに対する好奇心と懐かしさのようなものがあった。 一番幸せで悲しかった時間を共にしながら慰められ、思い出を共有した人生唯一の真の友達であり、大事な初恋。 考えただけでも暖かくて安らぐ彼女をまた探したい彼。 結局、初恋の彼女、ヘジンに会うが…

ミン・ハリ(コ・ジュンヒ)

ミン·ハリ(コ·ジュンヒ)

ポイント

ホテリアー

なんであんなにきれいなのかと思うほど、 とてもきれいな超美女。 顔がそんなにかわいいと、 体つきはちょっと控えめに 支えるのが一般的だから。 体つきは顔よりもっと危険。すがすがしく伸びた手足に大文字Sが完璧に重ねられそうなボリューム感あふれるパーフェクトボディ。 この程度ならどこひとつ手入れしてもよさそうなものだが。 このような利己的な女性を見たのか。 顔も体つきも100%自然産だ。

派手な外見ほどファッションも好みも華やかで、涼しく伸びた背丈だけあって性格もさっぱりしている。 感情表現に正直で、人の機嫌を伺わず、よく笑ったり、よく泣いたり、思いついたことはすぐにやってしまえば気が済む即興的な性格に飽きもよくなる。 深刻で複雑なのはまっぴら御免の単純派。 仕草を見ると分別がないように見えるが、その面まで子供のように可愛く愛らしく見える魅力がある。

他人は美しくていいと思っているが、それは知らない話だ。 きれいで悔しいことも多い。 きれいな俳優が演技力がちょっと足りなくても粉になるまで、"何か死に物狂いで"努力して成し遂げても、彼女の本心は許さず、何でも美貌で得たものだとこき下ろし、けなす輩が常にいた。 悔しさもあり、本気で傷つくが、ハリはそのたびに思い出す。 "羨ましいなら、お前たちもきれいだったか~"と軽く鼻であしらうと、さっと払ってしまうのがハリスタイルだ。

12年前、両親の突然の離婚後、継母のいる家が不便になり、一生の友人ヘジンと一緒に暮らすという条件で、20歳の時、独立を許された。 その後、時には長く生きた夫婦のように。 時には母親と娘のように。 時には実の姉妹のように。 時には義理で団結した兄弟のように、時にはあの年あの年あの年あの年、助け合って喧嘩もし、ヘジンと10年間同居している。

しかし、インスタント式恋愛だけに慣れた、本当の愛や切実なロマンスなど要らないという考えだった彼女が生まれ、初めて真心を尽くして愛したい男性に出会う。 ところで、よりによってあいつが、すべてをあげても惜しくない生涯の友達。 ヘジンの初恋の相手、チ·ソンジュンだ。 愛する友達との友情 そして生まれて初めて恋をする男との恋の間に混乱に陥るハリ。 彼女がこの世で最も大切な2人のために、彼女は単純にしきりに複雑になる。

私は偽者なのに、しきりに本物になりたくなる。 彼にだけは

キム・シヒョク(チェ・シウォン)

キム·シヒョク(チェ·シウォン)

ポイント

モスト編集チームのピッチャーエディター

くだらない冗談を好み、いつもいたずらっぽくてねじが抜けたようにだぶだぶに見える人物。 ずうずうしい 大概の事には緊張しない、のんびりした性格で人の顔色をうかがわずに言うタイプ。 皆、機嫌をうかがっている上司のソンジュンにも、笑顔で話すべきこと、言いたいこと、さらには話してはいけないことまでする。 一言で強者に強く弱者に弱いスタイル。 冗談を飛ばす気のない奴のように見えるが、それとなく気が重くて全く考えない奴のようではない。

性格もファッションも自由奔放で、ジャージにスリッパを引きずりながら堂々と出勤することが多い。 そんな時は、間違いなく"町内失業者"のように見えるが、スーツを着こなす日は、なかなか一人物が出る。

虚々実々本気なのか冗談なのか分からない特有の言葉遣いもそうだし、個人的な質問にはいたずらにこっそり抜け出すのもそうだし…。 皆と仲良く過ごす無難な性格のようだが、いざ自分の心の中はよく現わさないため、何を考えているのか分からない"曖昧な"人物。

見た目は自分の能力の約70%を使い、のんびりしているように見えるが、生まれつきのセンスで結果物はほぼ立派だ。 ポジションはピッチャーエディターだが、映画、写真、ファッション、文、絵など多方面に才能のあるマルチプレーヤーで、気の利いた記事のおかげで固定ファンもかなりおり、同種業界でかなり欲しい人物でもある。

しかし、シンヒョクは誰にいい印象を与えたり、早く昇進するために働かない。 もっと面白いことが生じれば、未練なく去る考えのある自由な魂だ。

視聴率

次回(放映の日付)
全国
1回(150916)
4.8%
2回(150917)
7.2%
3回(150923)
8.5%
4回(150924)
9.9%
5回(150930)
10.7%
6回(151001)
10.2%
7回(151007)
13.1%
8回(151008)
14.5%
9回(151015)
16.7%
10回(151021)
17.3%
11回(151022)
17.7%
12回(151028)
16.5%
13回(151029)
18.0%
14回(151104)
15.9%
15回(151105)
16.9%
16回(151111)
15.9%

感想 ※ネタバレ注意

ドラマの全体的なストーリー枠は、
初恋の人を探す過程が描かれています。

このドラマをおすすめしたい理由の一つは
たぶん"自尊感"を扱ったドラマだからです。

ドラマの女主人公のヘジンと男の主人公のソンジュンは
幼い頃隣に住んでいた友達でした。

小さくてふっくらしていた男の主人公は、
きれいな外見、そしてそれよりもっと美しい
内面を持って堂々としたヒロインに魅せられます。

そして遠い時間が流れて
女の主人公は家の遺伝子の
そばかすと悪性のくせ毛が徐々に現れ、
幼い頃の堂々とした姿は消え、
低いプライドを持った人になっていました。

男の主人公は長い間女主人公を
訪れて来たが探せなかった刹那
'ヘジン'は勇気を出して'ソンジュン'に会うことを決心し、
その二人は大人になって会います。

しかし変わった"ヘジン"の姿に"ソンジュン"は見分けられず過ぎてしまいます

'ヘジン'はその道で自分が幼い時その女の子だということを隠したまま生きて行くようになります。
もちろん縁なのか、悪縁なのか
よりによって新しく赴任した副編集長がまさにその"ソンジュン"でした。

他の絵探し、穴があいた靴下のように
男の主人公の前で限りなく小さくなり萎縮する女。

ソンジュンは確かに自分が探していたその"ヘジン"ではないと思いますが、彼女の本心が現われるたびにふと映る美しい内面を持った女主人公の姿に自分も知らずに惚れてしまいます。 まるで初めて女主人公に恋に落ちた時のように!

結局真実が明かされ、
美しいエンディングでドラマが終ります。

このエンディングで、私がおすすめしたい その理由が登場します。 それは、もはや自分を嫌ったり、隠したりしないということ。 女性はこれ以上自分の姿を隠したり、隠したりすることにエネルギーを注ぎません。 本人のありのままを愛してくれる男に出会って私自身も自分をそのまま受け入れることができるようになったんですよ。

自尊心が高まり、本人が本当にしたかった童話を作り始め、人生を楽しみながら幸せに生きていくことになります。
私はこの姿がとても感動的でした。 私自身をありのまま愛することができるということが本当に格好よかったんです。

自尊心というのは、自分が大丈夫だと感じることができ、自分は何でもできることと感じることができることと学びました。

このドラマを見ながら私も自分自身を切実に愛したかったです。 すべての発展は、自分自身を最もよく知り、理解してこそ進むことができるのではないでしょうか?

彼女を美しかったを見て私はどれほど自分をありのまま愛しているかを考えてみる機会になったらと思います!
そういう意味でとてもおすすめするドラマです。^_^

韓ドラにはU-NEXT

  • 見放題作品数No.1!(2020年8⽉時点)
  • 韓流・アジアドラマ960作品以上を含む。
  • 180,000本以上の映像が⾒放題。
  • 80誌以上が読み放題。
  • スマホやタブレットで⼿軽に読めます。
  • 1,200ポイントを毎月もらえる。翌⽉に持ち越す※
  • 無料トライアル期間中の解約でも大丈夫です!

※最大90日まで持ち越し可能。
※子アカウントでもご利用いただけます。

韓国ドラマはU-NEXTが一番です!

今すぐ31日無料トライアル

※お試し期間(31日間)のあいだに解約すれば、料金は一切かかりません!


  • この記事を書いた人

動画オタク

日本滞在の韓国人。 家では動画みるのが好きなインドアオタク。 ドラマ&映画&アニメ&バラエティー。 仕事上がりでも、 「アニメ1クール(11~13話)」 「韓ドラ4~6話」 「映画2~3作」程度は 一日中で見るのが同然。

-韓ドラ情報

© 2020 韓ドラコイ